アウディのミドルクラス・4ドアサルーン「A6」次期型のプロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

1

まだ初期プロトタイプのためフルカモフラージュされていますが、シングルフレームグリルはワイドになり、バンパーのエアダクトは幅をコンパクトに、上下に厚みを持たせたデザインに変更されています。

ヘッドライトとテールライトはフェイクですが、共に新グラフィックを採用した、「テーパード」デザインが確認できます。

「C8」世代は、アウディの設計責任者マーク・リヒテ氏が、新型「A7」「A8」と同時に設計し、2014年の「プロローグ・コンセプト」からインスピレーションを得た優雅なデザインが採用され、アルミニウムと高強度スチールによるVWの「MLB」アーキテクチャーにより、軽量化を図ります。

気になるのはフロントグリルに配置された左右の怪しいレーダーです。何らかの次世代安全システムのテストに間違いはないですが、実際にこの場所に配置されるのかは微妙です。

パワートレインは、3リットルV型6気筒、4リットルV型8気筒のほか、PHEV「e-tron」もラインナップされる可能性があるようです。

室内では、プロローグ・コンセプトのディスプレイと操作類のパネルをセンタートンネルのコンソールに一体化した、「ボタンレス コンソール」の採用が期待されています。

ワールドプレミアは2018年秋が有力です。

(APOLLO)

謎のレーダー装備!? アウディA6次期型、優雅な「プロローグ」ボディをゲット!(http://clicccar.com/2017/03/02/449630/)