[CP+2017]銀一ブース:Really Right Stuff製品を国内初公開!ATOMOSレコーダーも各社カメラと組み合わせて展示

写真拡大 (全9枚)

銀一は国内外の各種映像機材販売およびレンタルのほか、撮影スタジオ設計・施工、撮影、DTPシステムの販売など幅広く手掛けているが、同社のオリジナル輸入商品以外を取り扱うコーナーとしてSUNSTAR STROBOや液晶保護ガラスのGRAMAS、カメラバッグやフォトジャケットのFoxfire、ビデオレコーダーのATOMOSなどのメーカーと共同で出展。

日本国内の展示会では本邦初公開となる三脚・ヘッド・LプレートメーカーのReally Right Stuffや9.SolutionsのCパンカメラガイドアームのほか、Syrpのモーションコントローラー、CamCaddieのカメラハンドル、Steadicamスタビライザー、RØDE Microphonesの収音機材、アツデンのマイクロホンなどビデオ収録関連の製品も多数展示された。

GoPro専用SteadicamのスタビライザーSteadicam Curve。微調整ノブがあり、正確にバランスをとる事が可能Really Right Stuffのカメラプレートは一眼レフカメラの機種ごとに専用プレートになっており、雲台への着脱もワンタッチで行うことが可能9.SolutionsのCパンカメラガイドアーム。上下左右、斜めなど様々なカメラワークに対応。スライダーだと焦点方向の移動でレールが画面に入ってしまうが、Cパンカメラガイドアームではそのようなことなく撮影が可能Syrpモーションコントローラーシステム。オプションのSlingshotと組み合わせて天吊り移動による撮影が可能RØDE Microphonesはガンマイクからオンカメラマイクまで各種そろっており、全展示品が視聴可能だった

ATOMOSのコーナーでは、4K対応の各社カメラと組み合わせたSHOGUN INFERNOやSHOGUN FLAME、NINJA FLAMEなどが出品された。

パナソニックのGH5など、最新の4K収録可能なカメラが並んだATOMOSのコーナーソニーXDCA-FS7とINFERNOの組み合わせでFS RAW 2K 240fpsが常時収録可能。カメラにはSIGMAのシネレンズ18-35mm T2.0のズームレンズが装着されていたSHOGUN INFERNO(Ver.8.11)とパナソニックのGH5の組み合わせで、Recトリガー、HDMIタイムコードが対応可能

銀一ブース 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)