米国保険業界が設立した非営利団である米国道路安全保険協会(IIHS)は、米国で販売されている乗用車の安全性を評価し、その結果を発表している。IIHSが行ったさまざまなテストの結果として、「トップセーフティピック+(TSP+)」に選ばれるということは、その安全性が非常に高く評価されたことを意味する。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 米国保険業界が設立した非営利団である米国道路安全保険協会(IIHS)は、米国で販売されている乗用車の安全性を評価し、その結果を発表している。IIHSが行ったさまざまなテストの結果として、「トップセーフティピック+(TSP+)」に選ばれるということは、その安全性が非常に高く評価されたことを意味する。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国では日系車の安全性について疑問を呈する消費者が一部で存在することを指摘する一方で、世界でもっとも権威ある評価機関の1つであるIIHSのテストで日本車は非常に高い評価を得ていると伝え、「主張が正確なのは中国人消費者か、それともIIHSか」と論じている。

 記事は、中国と米国で販売されている自動車の車種は同じものが多いうえ、IIHSの評価はさまざまな種類の衝突テストの結果をもとにしているため、中国人消費者にとってIIHSの衝突テストの結果は参考になると指摘。

 また、最高評価である「トップセーフティピック+」を獲得するには、すべての衝突テストで「good(良)」を獲得することが最低条件であるうえ、条件はほかにも複数あることを紹介した。

 続けて、毎年発表されるIIHSの「TOP SAFETY PICK award(トップセーフティピックアワード)」で、多くの日本車が「トップセーフティピック+」や「トップセーフティピック」を獲得していることを伝え、IIHSの衝突テストの結果を見れば「日本車は安全という結論が導かれる」と指摘。中国では「日系車は鋼板が薄く、軽く衝突しただけで大きく凹むため、安全性に劣る」といったデマが存在するが、こうしたデマに対し、「中国人は一体、自動車と自分の命のどちらが大切なのか」と疑問を投げかけている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)