下位力士同士の取組にも注目

写真拡大

 2月27日に発表された大相撲大阪場所(3月12日〜)・新番付で、ついに稀勢の里が「横綱」に名を連ねた。その稀勢の里を迎え撃つのは、初場所千秋楽で苦杯をなめさせられた白鵬、途中休場でいいところのなかった鶴竜、日馬富士というモンゴル勢3横綱だ。

「一方、稀勢の里と同じ田子ノ浦部屋の高安が関脇に復帰します。モンゴル包囲網に立ち向かう兄弟子を援護した上で、自身の大関獲りもかかった場所となる」(担当記者)

 他にも4度目のカド番を迎える大関・照ノ富士の奮起、関脇に陥落した琴奨菊が10勝を挙げて大関に返り咲けるかなど、上位陣の見どころは多い。

 さらに、下位に目を向けても楽しみばかりだ。今回の番付発表で新入幕を果たす24歳の宇良(木瀬部屋)は関西学院大卒で、“サーカス相撲”が持ち味。

 十両3枚目で迎えた初場所で11勝4敗の成績を収め、出身地・大阪での“ご当地場所”で新入幕を決めて気合は十分。173cm、128kgの小兵ながら、あの舞の海が後継者に指名した「新・技のデパート」として人気急上昇中だ。

「初場所2日目には絶体絶命の体勢から『首ひねり』で青狼を破り、13日目の天風戦では十両以上の相撲で史上初となる『たすき反り』の決まり手で勝負を決めた。相手の差し手をかい潜りながら、もう一方の手で相手の足を取り、体を後ろに反って倒す技です。体格で劣るぶん、新技開発にとにかく熱心な力士。

 来場所、横綱との対戦はまだありませんが、スピードを身上とする173cm、115kgの小兵・石浦(宮城野部屋)との一番がどうなるか、今から楽しみです」(同前)

※週刊ポスト2017年3月10日号