黒より優しく茶よりくっきり。アイラインは「デニムカラー」を使うべし!

写真拡大

この春は、デニムのような濃いブルーのアイメイクが注目の的! でも、アイシャドウとして使うにはちょっぴり難易度が高い...と躊躇している人もいるのでは? そんな人におすすめなのがデニムカラーのライン使いです。アイラインとして使えば色の濃さが抑えられるうえ、ブラックのアイラインよりも優しく、ブラウンよりもくっきり仕上がるので、目力はアップさせつつキツくなりすぎないという利点も! そこで、資生堂ヘア&メーキャップアーティストの松本聖子さんに、テクニックを教えてもらいました。

デニムカラーメイクHOWTO

デニムカラーのアイメイクテク

ライトベージュのアイシャドウをアイホール全体になじませてベースを作ったら、デニムカラーと相性のいいブロンズ系のブラウンシャドウを二重幅にON。次に、デニムカラーのアイシャドウを目のキワにライン状に入れます。目尻は少しだけ跳ね上げましょう。先ほどと同じブロンズ系のブラウンシャドウを下まぶたの目尻にも入れると、デニムカラーがさらに際立ちます。マスカラは、デニムカラーの良さを消さないブラウンをセレクトするのがおすすめです。

目元のクールさが気になる人は、ピンク系のリップを使用すると、顔の印象に甘さがプラスされますよ。トレンドメイクに挑戦したい人はもちろん、黒ラインだとキツくなってしまう人にもピッタリなデニムカラーライン。ぜひ取り入れてみてくださいね。

【使用化粧品】
プレイリスト インスタントアイコンプリート マルチプルカラー BEp12、BRb17、BLd01
インテグレート ボリュームバームリップN PK370

イヤリング¥1,200/お世話や ※価格は税抜き
【問い合わせ先】
お世話や:http://www.osewaya.jp

photo:福田宏美 stylist:川上麻瑠梨 model:西室未紗希

【関連記事】
・ しっかりチークは卒業。この春は、透明肌を叶える"透け感チーク"がブームに!
・ メイク上級者じゃなくてもOK。「三角アイライン」でオシャレ目力を手に入れる

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。ご自身の責任においてご利用ください。
●掲載された記事の内容は取材時点の情報に基づきます。