写真提供:マイナビニュース

写真拡大

プレミアムフライデー推進協議会は3月2日、プレミアムフライデーのロゴマーク使用申請企業・団体数が5,015件(3月1日時点)に到達したことを発表した。

"月末の金曜日は、早めに仕事を終えて豊か・幸せに過ごす"という取り組み「プレミアムフライデー」。2月24日が初日となった。ロゴマーク使用申請は、昨年12月12日から公式WEBサイトでスタートした。

内訳を業種別に見ると、小売り1,103件、飲食673件、旅行代理店・宿泊施設551件、通信・インターネット282件、その他サービス231件、理容・美容・リラクセーション178件、娯楽施設173件、企画・コンサルティング163件、広告代理店・PR会社139件、新聞・雑誌・出版・印刷125件。

地域別で見ると、東京都1,644件、大阪府433件、神奈川県256件、愛知県223、静岡県176件、福岡県174件、兵庫県147件、千葉県126件、佐賀県122件、北海道120件だった。