画像

写真拡大

 野村不動産の「PROUD」のプロモーションに、Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォームが導入された。

 マルケトは、野村不動産が、住宅事業の住まいのブランド「PROUD」のプロモーションにおいて、Marketoのエンゲージメントマーケティングプラットフォームを導入したことを発表した。

 導入は、野村不動産とセプテーニ・ホールディングスの合弁会社であり不動産業界専門のインターネット広告事業を手がける、プライムクロスがマルケトと共同で実施している。

 マルケトとプライムクロスは、パートナーシップを組み、野村不動産が顧客に有益な情報を提供し、顧客サービスの更なる価値向上を図るため、Marketoを活用して顧客ニーズにあったコミュニケーションの強化を行う。

 具体的には、Marketoと顧客情報を連携させ、きめ細かにパーソナライズされたメールなどの手段を駆使したマーケティングの高度化を図る。今後、複数の新築分譲マンションのプロモーションとして導入し、順次拡大を予定している。

MarkeZine編集部[著]