写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ロフトワークは、JST ACCEL「身体性メディア」プロジェクト主催の元、触覚のデザインに基づいた新たな体験(モノ/サービス)のアイデア、作品を表彰するコンテスト「HAPTIC DESIGN AWARD」の受賞作品を発表した。

同コンテストは、2016年11月19日〜2017年2月5日までの応募期間中、作品部門42作品、アイデア部門29作品、合計71作品のエントリーがあり、作品部門からはグランプリ1作品、優秀賞1作品、佳作6点を選出。アイデア部門からは優秀賞1作品、佳作4作品を選出した。

作品部門のグランプリは、「ボタンを押す」「指定された面を触る」という操作ではないスイッチの新たな触覚をデザインしたインタフェース『稜線ユーザインタフェース』(クリエイター:安井重哉) が受賞。「指をスライドさせて知覚的稜線を超える」という動作をスイッチの生成源に利用し、不意の誤動作の防止や、スイッチに高い造形自由度を与える。

作品部門の優秀賞は、赤ちゃんに対する優しさ・緊張感・丁寧な動きなどの人の本能的な習性から着想を得た、和紙の“つみき”『積み紙(tsumishi)』(クリエイター:川崎美波) が受賞。アイデア部門の優秀賞は、嗜好品であるタバコを、唇へのHAPTICな刺激という観点でアップデートする試み『LIP SERVICE』(クリエイター:北恭子、迫健太郎)が受賞した。全受賞作品と審査員のコメントは同アワードWebページにて公開されている。

ちなみに、作品部門でエントリーされたPS4ゲーム向けウェアラブル・コントローラ「Rez Infinite - Synesthesia Suit」は、審査の結果、すでに世の中で高い認知・評価を得ている作品であること、抜きん出て高い完成度であることなどを考慮し、参考出展として選定。同コンテストの展示会にて紹介することに決定した。

なお、受賞作品は、FabCafe Tokyoにて開催する「HAPTIC DESIGN AWARD EXHIBITION」で展示する。展示期間は3月26日〜4月2日まで。開場時間は月〜土が10:00〜22:00、日・祝が10:00〜20:00。入場無料。また、3月27日 19:30〜22:00には授賞式を同会場にて開催する。授賞式参加には申込が必要となるため、エントリー用Webページにて登録のこと。

(杉浦志保)