写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱自動車はスイス・ジュネーブで3月7〜19日に開催される「第87回ジュネーブ国際モーターショー」にて、新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を世界初披露する。2017年秋から欧州に出荷し、日本、北米、豪州、その他地域への展開を予定している世界戦略車となる。

「エクリプス クロス」は、三菱自動車のコンパクトSUV「ASX(RVR)」とミッドサイズSUV「アウトランダー」および「アウトランダー PHEV」のクロスオーバーSUVラインアップに新たに加わる新型コンパクトSUV。スタイリッシュなクーペフォルムとダイナミックなSUVの機動力を融合させた同社らしいクーペSUVとし、行動意欲をかき立てる個性的なデザイン、新たな楽しみのひらめきをもたらすコネクティビティ、四輪制御技術で安心して楽しめるドライビングフィールを特徴としている。

コネクティビティにおいては、「Apple CarPlay」や「Android Auto」に対応するスマートフォン連携ディスプレイオーディオ、センターコンソールに配置することで走行中でも姿勢を変えずに操作可能なタッチパッドコントローラー、速度や予防安全装備からの情報などを表示するカラーヘッドアップディスプレイを搭載し、利便性と安全性を追求した。

ドライビングフィールにおいては、走行状況や路面状態により後輪へ伝達するトルクをつねに適切に配分する電子制御4WDや、AYCブレーキ制御を追加した車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」を採用。高剛性化したボディや、細部にわたり最適化を図ったサスペンションなどと相まって、意のままの操縦性と卓越した安定性を実現している。

エンジン及びトランスミッションにおいては、新開発の1.5Lダウンサイジング直噴ターボエンジンに8速スポーツモード付CVT、専用開発の2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンに新開発の8速ATを組み合わせ、いずれも小気味よく爽快感のあるドライブを可能とした。

(木下健児)