写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイオは3月2日、複数ネットショップ一括管理ソフト「速販コネクト」において、アイフラッグが提供する「EPRESS DESIGN for ネットショップ」との連携オプションの提供を3月1日より開始したと発表した。

速販シリーズは、複数ネットショップ(ECサイト)の運営を行う企業が、複数店舗の商品登録および受注処理を行う際に、時間や手間の軽減・作業の精度向上に寄与するサービス。合計13のECサイトとの連携を実現している。

昨今、ECサイトにおいて、スマートフォン経由でのアクセスや購入が増加しており、また、SEOの観点からも、デバイスに合わせて自動的に表示が変更されるレスポンシブ機能を備えたECサイトを構築するニーズが高まっている。

今回、速販コネクトが連携した「EPRESS DESIGN for ネットショップ」は、独自ドメインの自社ECサイトを構築するシステム。レスポンシブ機能を備えているため、商品情報を入力するだけで、デバイスに合わせて商品情報などを表示できる。

今回の連携により、複数店展開時の受注管理にかかる手間が軽減され、複数店舗展開による売上アップの効果を最大限に活かすことができる。

具体的には、速販コネクトの商品管理機能によって、楽天市場やYahoo!ショッピングなどのモールに出品している商品データをEPRESS DESIGN for ネットショップ用に変換できるほか、商品情報を登録することが可能。また、その逆の変換も可能であるため、EPRESS DESIGN for ネットショップで自社ECサイトを構築したあと、他のモール用の商品データに変換し、商品情報登録することもできる。

速販コネクトの受注管理機能により、メール送信や送り状ソフトとの連携、決済サービスとの連携など、EPRESS DESIGN for ネットショップとその他の複数ECサイトの注文を一括で管理することができる。

提供価格(税別)は、初期費用が3万円、月額利用料が1台あたり1万500円、EPRESS DESIGN for ネットショップ連携オプションが月額2000円。

(山本明日美)