米カリフォルニア州ハリウッドで開催された第89回アカデミー賞授賞式の作品賞の発表で誤って『ラ・ラ・ランド』と発表されてオスカーを受け取った後、『ムーンライト』と書かれたカードを掲げる前者のプロデューサー、ジョーダン・ホロウィッツ氏(左)。隣はプレゼンターのウォーレン・ベイティ(2017年2月26日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米ハリウッド(Hollywood)で先月26日に開催された第89回アカデミー賞(Academy Awards)授賞式で作品賞の誤発表が起きた問題で、主催者側は1日、受賞作品を記したカードの入った封筒をプレゼンターに手渡す担当だった2人は今後、再び授賞式に関わることはないとAFPに明かした。

 アカデミー賞授賞式では、同賞の投票の集計と結果管理を担当するコンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の会計士、ブライアン・カリナン(Brian Cullinan)氏とマーサ・ルイス(Martha Ruiz)氏が封筒をプレゼンターに渡す役目を担っていた。

 しかし、26日の授賞式で2人は、2通ある主演女優賞の封筒の一つをしまい忘れ、プレゼンターに間違った封筒を手渡してしまった。その結果、作品賞の発表で本来の受賞作品である『ムーンライト(Moonlight)』ではなく、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド(La La Land)』が誤って作品賞受賞と発表される前代未聞のトラブルが起きた。両氏は授賞式前のインタビューで、封筒は各賞に同じものが2通ずつ用意されると説明していた。

 カリナン氏は授賞式の間、頻繁にツイッター(Twitter)を更新し、封筒を渡すミスの直前には女優エマ・ストーン(Emma Stone)さんを舞台裏で撮影した写真を投稿していたとされ、調査の対象となっていた。

 PwCは今回の混乱について自社に責任があると表明しているが、1日のアカデミー賞主催者の決定に対してはまだコメントを発表していない。
【翻訳編集】AFPBB News