楽曲「ギフト」などで知られるヒップホップグループ、ET-KINGのメンバー、KLUTCHが1日、ブログで、一般女性と結婚したことを報告。「お付き合いさせていただいてる間もいつも笑顔で僕のことを陰ながら支えてくれていました」などと綴り、妻の誕生日である2月8日に入籍したことを明かしている。

 KLUTCHはブログで、「突然のご報告となってしまい、申し訳ございません」とコメントし、「この度、私事ではありますが、かねてよりお付き合いさせて頂いていた一般女性の方と入籍を致しましたのでご報告させていただきます」と一般女性と結婚したことを報告した。

 さらに、「お相手の方には、お付き合いさせていただいてる間もいつも笑顔で僕のことを陰ながら支えてくれていました」と妻の人柄に触れ、「その中で自然と結婚を意識するようになり、お相手の方の誕生日である2月8日に入籍させていただきました」と綴った。

 そして、自らを「未熟者」と書いたKLUTCHは「ET-KINGのKLUTCHとして、そして夫として大切な人を守り1人でもたくさんの人を笑顔で幸せにできる音楽を発信していけるように精進していきたいと思います」と今後へ向けた抱負を綴り、結婚報告を締めくくっている。

 ET-KINGは、1999年に結成されたヒップホップグループ。「愛しい人へ」「ギフト」「君想う花」などの楽曲で人気を博し、何度かの活動休止を経て、2015年に活動を再開している。