先日、日本での正式発表が決まったホンダのラリーモデル「CRF250 RALLY」

アドベンチャーが流行り始めているここ最近ですが、「実際どうなの?」ということで乗ってきました!

1

まずはじめにツーリングではほぼ確実に通るであろうワインディングから試してみました。

ここで重要になってくるのはハンドリングとエンジンのフィーリング。トコトコ走ったりキビキビ元気よく走ったりしてみましたが、かなり好感触!

のんびり散策しながら走ると、ふとしたコーナーで気になるスポットを見つけたりすることがあります。

このバイクはハンドリングやサスペンションのセッティングがよく出来ていて急な動きにも素直に対応してくれました!

元気よく走ってもスピードを出していないのにバイクを操る楽しさがダイレクトに伝わってくる感じがして、とても楽しめます。

ハイスピードコーナーのみ、高回転のもっさりとした感じが少しありましたが、細かいコーナーでは低回転からしっかり吹け上がってくるのでストレスもありません。

エンジン、サスペンション、ハンドリング、どれもよく煮詰められていて知らない道を探検しに行ってみたりするのにはピッタリでした!

今回、メディアの試乗会で乗らせてもらったので試乗に時間制限があったのですが、それを吹き飛ばしてしまうくらいずっと冒険していたくなるバイクでした(知らない道を探検してて見つけた無人駅)。

ワインディングを降りて街を走った時も、知っている道よりもついつい知らない道を走って自分が知らない世界まで走り続けたくなってしまいます。

低速がしっかりしているのでストップアンドゴーも苦じゃないし、法定速度内で楽しいバイクです。

オフ車でよく言われるブレーキが効きにくい、という面も全く問題なし。サスペンションの良さがここにも出ていました。

中々個性的な顔立ちのこのバイクですが、街を走っているとかなり注目されていました!

やっぱり目立ちますよねー。しかし嫌な視線ではなく、興味を持ってくれている視線だったのでなんだか爽快な気分になります。

ラリーと言うのだからもちろんオフロード性能も検証。オフロード、砂利道、砂浜などで走行しましたがここで個性が光っていました!

普通のオフ車やモトクロッサーのようにガンガンスロットルを開けて走破していく乗り方よりも、あくまで冒険の一環でのオフロードという印象が強かったように思います。

もちろんガンガン開ける乗り方もできるんですが、普通のオフ車ではちょっと難しい乗り方が簡単にできてしまうんです。

「あそこ面白そうだな……行ってみよう!」という時は道の先がどうなっているかわからない事が多いのでこの特性は重宝するはず。

ベースになっている「CRF250L」とはエンジンのセッティングなども変わっているので、こういう使い方もできるように設計されているわけですね!

試乗時間ギリギリまで乗り回していたので結構な距離を走りましたが、これが一台あったら毎週末どっか行っちゃうな…と思えるアドベンチャーなバイクでした!

高速巡航時もスクリーンのお陰で風の影響を受けにくく、たくさん走ったのに疲れ知らず。

他にもカウルによる整流効果でエンジンの熱風を後ろに流れてくれるなど、オフロード走行だけじゃないアドベンチャーツーリングをしっかり想定して作られた感じが伝わってきます。

「週末に今までとちょっと違うバイク遊びがしてみたい…」。そう思ってるビギナー、エキスパート問わずオススメしたいバイクです!

(ライター:佐藤 快/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

冒険心が止まらない……「Honda CRF250 RALLY」に乗ってきた!(http://clicccar.com/2017/03/02/446250/)