訪日中国人の多くが日本の秩序や清潔さに驚くというが、秩序や清潔の背後に存在するものの1つに「管理」を挙げることができるだろう。道路やトイレも誰かが管理をしてくれるからこそ、清潔さを保つことができる。また、中国人旅行客がこぞって買い求める日本製品についても、高い品質を保つためには生産管理から品質管理まで、さまざまな管理が求められる。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 訪日中国人の多くが日本の秩序や清潔さに驚くというが、秩序や清潔の背後に存在するものの1つに「管理」を挙げることができるだろう。道路やトイレも誰かが管理をしてくれるからこそ、清潔さを保つことができる。また、中国人旅行客がこぞって買い求める日本製品についても、高い品質を保つためには生産管理から品質管理まで、さまざまな管理が求められる。

 中国メディアの東方頭条は1日、細部まで徹底して行う日本の「管理」は、世界的に広く知られる存在であると伝えつつ、日本人の極致まで追求する徹底的な管理能力は「恐ろしい」ものであると主張した。

 記事は、旅行で日本を訪れた中国人の目線で「日本のあらゆるものに対する管理水準の高さ」を紹介している。日本に住んでいる中国人によるものではないため、あくまでも旅行客が見える範囲での考察にとどまっているが、それでも日本人の管理能力は「恐ろしい」とまで感じるようだ。

 例えば、歩道などに設置されている視覚障害者誘導用ブロックについて、「日本では道路が凸凹になってブロックが意味をなさなくなるような状況は生じない」とし、もちろんブロックの周りに水たまりができて水没してしまうようなこともあり得ないことだと指摘し、いつでもどこでも視覚障害者誘導用ブロックが本来の目的と用途を果たすことができるのは、相応の管理が行われているためであると指摘した。

 さらに、ビルなどの建設現場においても、数多く働く作業員たちはそれぞれの役割に基づいて一糸乱れぬ連携を見せると指摘したほか、何よりも中国の工事現場とは清潔さや整理整頓がなされているという点で大きな違いがあると紹介。

 また、団体ツアーなどで使用される大型バスでも、運転手は出発前にバスの点検を行い、長時間停車する場合は車輪止めをしっかりと行っていたと紹介。中国人からすれば取るに足らないことでも日本人は抜かりなく行うことができるということについて、「中国人がやらないことを徹底して行うことができる日本人の管理能力は恐ろしい」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)