Doctors Me(ドクターズミー)- ムッシュかまやつさん“膵がん”で逝去…膵がんリスクが高い人の7つの特徴

写真拡大

2017年3月1日(水)「ザ・スパイダース」の元メンバーでミュージシャンのムッシュかまやつさんが、膵がんのため亡くなったことが所属事務所によりわかりました。78歳でした。(参考)

ムッシュかまやつさんは肝臓がんを公表しており、療養を続けていましたが、今回死因となった膵がんとはどのような疾患なのでしょうか?

そこで、膵がんの概要や症状、治療方法などをまとめ、解説させていただきます。

膵がんとは


概要


肝臓や胃などの裏側にある後腹膜臓器で、食べ物を消化する液の一種である膵液を作り、十二指腸へ送る役割や、血糖値を調節するホルモン(インスリン・グルカゴン)を作って、全身を流れる血液中に分泌しています。

原因


膵臓に、悪性の腫瘍が発生する疾患で、消化器がんの中では、早期発見が非常に難しい部位であり、手術が難しく、悪性度が高いため、治りにくい難治がんであると言われています。

膵がんのはっきりした原因は不明であり、早期発見が難しい上に、悪性度が高いので原因究明のために研究が行われています。

また、50〜80歳に多い疾患ですが、まれに膵腺房細胞がんなど若年性の膵がんもあり、10代から発症することもあります。

膵がんの早期発見が難しい理由


膵臓が奥まった部分にある


前述のように胃の裏側にある後腹膜臓器であり、とても奥まった部分にあるため、検査などで発覚しにくいことが早期発見が難しい原因の1つとされます。

進行が早い


がんの進行が早く、判明した場合は、既に病状がかなり進行しているということも珍しくなく、健康診断を受診したり、検査などを通して偶然発見されたりするケースもあります。

また、周囲に多くの血管や胆管、神経などが存在しているため、リンパ節や肝臓への転移も起こりやすいです。

初期症状がわかりにくい


自覚できる症状はある程度病状が進行してから起こることが多く、初期には何も症状が出ないことが多いといわれています。

特に、膵体部や尾部に発生した膵がんでは、かなり進行するまで出にくいといわれています。

膵がんの症状


■ 体重減少
■ 腹痛
■ 食欲不振
■ 黄疸
■ 体のかゆみ
■ 尿の色が濃くなる

膵がんの治療


化学療法(抗がん剤)、外科手術、などの治療法などがあり、進行度や患者さんの全身状態を考慮し、単独または複数の治療を合わせて行われます。

化学療法(抗がん剤)


ジェムザールやTS-1といった抗がん剤が用いられますが、現状では効果が上がっているとは言えません。

外科手術


膵がんの手術は、膵臓のどの部位に腫瘍ができたかによって異なります。

■ 膵頭部:膵頭十二指腸切除術
■ 膵体部、膵尾部:尾側膵切除術
■ 膵臓全体:膵全摘術

ただ、発見したときにはすでに進行していることが多いので、手術が行われるのは全体の4割くらいといわれています。

膵臓がんの5年生存率


ほかの臓器のがんと比べると、膵臓がんの5年生存率は低い傾向にあります。

■ ステージ:57%程度
■ ステージ:44%程度
■ ステージ:24%程度
■ ステージ:11%以下

膵がんリスクが高い人の特徴


□ 喫煙者である
□ お酒が好き
□ コーヒーをよく飲む
□ 加工肉などの肉類や脂肪をよくとる
□ 肥満がある
□ 過去に慢性膵炎や糖尿病を患ったことがある
□ 血縁者に血縁の方に膵がんや膵炎にかかった方がいる

沈黙の臓器、膵臓に関するお悩み相談例


質問1:膵臓の病気の場合はどんな症状がでますか


■ 相談者(36歳男性)
左脇腹に違和感が続いていて心配です、膵臓の病気の場合はどんな症状がでますか?

■ 医師からの回答
膵臓の病気にもいろいろあります。

一概には言えませんが、代表的な疾患ですと以下のような症状があります。

・急性膵炎だと腹部の激痛や嘔吐、発熱などがみられます。
・膵がんはできる場所にもよりますが、進行するまであまり症状が出ないことが多いです。胆管を圧迫する部位にできた場合には黄疸がみられます。
・膵臓のインスリンを作る内分泌細胞が障害されると糖尿病となります。

膵臓の症状は多くは腹部・背部で、左腹部であれば脾臓・腎臓(左背部)・下行結腸・肋骨・横隔膜などが存在します。

いずれにせよ、症状が長引いているのであれば一度医療機関で相談なさってください。

質問2:母親が高血圧、腎臓、膵臓を悪くして…


■ 相談者(41歳女性)
母親が高血圧、腎臓、膵臓を悪くしてなくなったんですが遺伝するんでしょうか?

■ 医師からの回答
遺伝するかは、基礎疾患による大きく異なります。つまり、お母様が亡くなられた高血圧、腎臓、膵臓を悪くした大元の原因によると思います。

質問3:夜中に背中とみぞおちあたりが同時に痛くなる


■ 相談者(45歳男性)
夜中に背中(真ん中あたり)とみぞおちあたりが同時に痛くなることがたまにあります。

どういった原因が考えられるのでしょうか?

■ 医師からの回答
可能性はいろいろありますが、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、急性膵炎など膵臓の病気、胆石なども考えられるかもしれませんね。

消化器内科を受診すると、原因がはっきりする確率が高いかと思いますよ。

編集部から一言


膵がんは難しい病気で、生活習慣の乱れや飲酒、喫煙なども疾患の誘発因子となります。

予防対策の為にも、日々の健康への意識を高めていきましょう。

そして、ムッシュかまやつさんのご冥福をお祈りいたします。

(監修:Doctors Me 医師)