【先ヨミ】Kis-My-Ft2のトリプルA面SGが15万枚超で現在トップ、E-girls派生ユニット“スダンナユズユリー”は4位に初登場

写真拡大

 SoundScan JapanによるCDシングル売上レポートから、2017年2月27日〜3月1日までの集計が明らかとなり、Kis-My-Ft2『INTER』(Tonight / 君のいる世界 / SEVEN WISHES)が15万枚超を売り上げてトップに立っている。

 グループ通算18枚目のシングルとなる本作は、自身初のトリプルA面シングル。さらに、収録3曲すべてにCMタイアップがついており、「Tonight」は第一興商『LIVE DAM STADIUM』CMソング、「君のいる世界」はコーワ『ホッカイロぬくぬく当番』CMソング、「SEVEN WISHES」はJR九州『新しい7つの長崎へ KISS MY NAGASAKI』キャンペーンCMソングにそれぞれ起用されている。5月から8月にかけては、横浜アリーナ3days5公演を含む大規模な全国ツアーを控えるKis-My-Ft2だが、このトリプル・タイアップ効果で、ライト層へのさらなる訴求が期待できるものと考えられる。

 2位には、THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLSシリーズの最新作が登場。約6千枚差で3位に入ったのは、フェアリーズ14枚目のシングル『Synchronized 〜シンクロ〜』となった。続くスダンナユズユリーは、E-girls兼HappinessのYURINO、須田アンナ、そしてE-girlsの武部柚那の3人からなるヒップホップ・ユニット。1Vo/2MCというスタイルでメンバー自らが作詞、振付を担当したデビュー・シングル『OH BOY』が4位に初登場している。

 5位のSILENT SIREN『フジヤマディスコ』は、EMI Records移籍第1弾リリースとなるもので、このシングルからバンドロゴも全て大文字へと一新。さらに、メンバー・セレクション・アルバム『Silent Siren Selection』が同時リリースされており、こちらは現在7位にチャート・イン。6月からスタートする、日本武道館2daysを含む5周年ツアーに向けて、好調なスタートを切ったといえる。


◎SoundScan Japanシングルセールス集計速報
(2017年2月27日〜3月1日までの集計)
1位『INTER』(Tonight / 君のいる世界 / SEVEN WISHES) Kis-My-Ft2 151,068枚
2位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 09 ラブレター』島村卯月(大橋彩香)、小日向美穂(津田美波)、五十嵐響子(種崎敦美) 29,495枚
3位『Synchronized 〜シンクロ〜』フェアリーズ 23,036枚
4位『OH BOY』スダンナユズユリー 17,941枚
5位『フジヤマディスコ』SILENT SIREN 14,713枚