【先ヨミ】EXILE THE SECOND、本格始動後初ALがトップ 人気ゲームサントラが後追う

写真拡大

 SoundScan JapanによるCDアルバム売上レポートから、2017年2月27日〜3月1日までの集計が明らかとなり、EXILE THE SECONDの2ndアルバム『BORN TO BE WILD』が48,309枚で現在トップに立っている。

 『BORN TO BE WILD』は、EXILE THE SECONDの本格始動後初のアルバム。2016年に“シングル三部作”と題して3か月連続リリースした『YEAH!! YEAH!! YEAH!!』『Shut up!! Shut up!! Shut up!!』『WILD WILD WILD』に収録されている全楽曲や新曲など、全14曲が収められている。5万枚まであと少しの数字を出しており、週末にかけてセールスを伸ばし、週間でも首位獲得なるかに注目したい。

 2位につけているのは、人気アプリゲーム『Fate/Grand Order』の楽曲をまとめたオリジナルサウンドトラック『Fate/Grand Order Original Soundtrack 1』。全3枚組というボリュームのある作品が、36,610枚をセールスして『BORN TO BE WILD』の後ろにつけている。続いて、3月6日付Billboard JAPAN週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”2位のAAA『WAY OF GLORY』が、今回の集計でも売上げを伸ばし続けて現在3位に。そして、電気グルーヴ『TROPICAL LOVE』、BOOM BOOM SATELLITES『19972016』がトップ5に入っている。

◎SoundScan Japanアルバムセールス集計速報
(2017年2月27日〜3月1日までの集計)
1位『BORN TO BE WILD』EXILE THE SECOND 48,309枚
2位『Fate/Grand Order Original Soundtrack 1』芳賀敬太 36,610枚
3位『WAY OF GLORY』AAA 7,050枚
4位『TROPICAL LOVE』電気グルーヴ 6,734枚
5位『19972016』BOOM BOOM SATELLITES 5,513枚