1日(水)、ダンス&ボーカルグループ、フェアリーズが同日発売の14枚目のシングル『Synchronized〜シンクロ〜』の発売を記念し、神奈川県・川崎のラゾーナ川崎でリリースイベントを行った。

この日は新曲のカップリング曲『The Fairytale』から始まり、続けて3月に入ったということもあり、旅立ちの歌『エール』を歌唱し、ラストにタイトル曲『Synchronized〜シンクロ〜』をキレのあるダンスと共に歌唱。途中雨も降る中、多くの観衆を魅了した。

2曲目の『エール』歌唱時、高校を卒業するメンバー下村実生と林田真尋に対して、残りの3名のメンバー(伊藤萌々香、野元空、井上理香子)、そしてファンから2人のイメージカラー、ピンクと黄色のサイリウムによるエール、そして同じくイメージカラーの花束と手紙が贈呈されるというサプライズの演出も行われた。

「出会った頃は、中学1年生だった二人が高校を卒業するなんて・・・時間が経つのは本当に早いね。
〜中略〜
良いところも、そうじゃないところも全部含めて、二人のことが大好きです。高校を卒業しても、真尋らしく!! みきみきらしく!! 少しずつ大人になっていってね。それから、フェアリーズとしてもみんなで成長していこうね!!お姉さんたちより」

理香子が代表して読み上げたメッセージに思わず涙する真尋と実生。そしてもらい泣きする萌々香だった。フェアリーズはデビュー以来ひとつ屋根の下、兄弟家族以上に苦楽を共にして共同生活を送ってきた。そんな絆が垣間見れた一瞬だった。

「私たちももっとシンクロして、そしてファンのみんなともシンクロして、大きな花を咲かせにいきましょう!!」(野元) そんな掛け声と共にラストの歌唱曲「Synchronized〜シンクロ〜」を文字通りシンクロ率の高いダンスと共に熱唱する彼女たち。すでにYoutubeなどで公開中のミュージックビデオやダンスリハビデオなどはそのクオリティの高さを絶賛され、最近では特に若い女子学生などから、憧れの対象としての支持が急速に高まっている彼女達。 大きな花を咲かせる日もそう遠くないと感じるイベントだった。