写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LINEは、スペインのバルセロナにて開催されている「Mobile World Congress(MWC) 2017」のキーノートで、クラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表した。

Clovaは、LINEとNAVERが共同開発した独自のAIプラットフォーム。LINEが持つチャットをベースとしたコミュニケーション技術、NAVERが持つ検索技術のほか、両社が抱えるビッグデータやコンテンツ、サービスを活用し開発しているという。

中核は、頭脳となるシステム「Clova Brain」と、人間でいう五感にあたる「Clova Interface」の2つで構成。Clova Interfaceには、それぞれ「耳」と「口」にあたる「Clova Voice」「Clova Vision」が含まれており、音声認識、音声合成、画像認識、顔認識なども行うという。

最も重要なシステムであるClova Brainは、「NLU」(Natural Language Understanding: 自然言語理解)などを中心に、より自然な言語翻訳処理を行う「NMT」(Neural Machine Translation)、ドキュメントやコンテンツなどを推薦する「Recommendation Engine」などで構成される。

Clovaは、音声認識などのインタフェースとコンテンツやサービスをクラウド上で単に結びつけるのではなく、Clova Brainによりつながるコンテンツやサービスを最適化していくことに重きを置いている。これにより、デバイス、インタフェース、コンテンツやサービスまでが一貫し、なおかつ最適化されたユーザー体験を提供できるようになるという。

○LINE初のデバイス「WAVE」

Clovaは、日本と韓国で初夏に発売されるスマートスピーカー「WAVE」に搭載予定。アプリ「Clova App」と組み合わせることで、話しかけると音声で会話したり、ニュースや占い情報、コマース、カレンダーなどのコンテンツにアクセスできる。また、家の電気のオンオフなどを行うホームコントール機能、本を読み聞かせるオーディオブック機能なども利用可能だ。

また、MWC 2017では、スマートディスプレイ「FACE」も参考出品。こちらは2017年冬に提供予定となっている。