鳥取県湯梨浜町の小学校で昨年7月、6年生の女子児童が水泳の課外授業で、プールに飛び込み頸髄を損傷し、6日間入院するけがを負っていたことが2日に分かった。共同通信が報じた。

 女児は現在も手などにしびれが残り、リハビリを続けている。町教育委員会は2日に調査委員会を初めて開く。

小6女児、学校プールで頸髄損傷 水中に飛び込み、鳥取(共同通信)