Ra.D、新曲「目を見て話しましょう」MV予告映像が公開…I.O.I出身キム・ソヘの“涙”に注目

写真拡大

歌手Ra.Dのリメイク曲「目を見て話しましょう」がベールを脱いだ。

1日に公開されたミュージックビデオの予告映像にはRa.Dの甘いボーカルと共に、プロジェクトガールズグループI.O.Iで活躍したキム・ソへが出演し注目を集めた。

キム・ソヘは「目を見て話しましょう」の切ない歌詞にふさわしい涙の演技を完璧にこなした。

この曲はパク・グンテプロデューサーが作曲したボーカルグループV.O.Sの2004年のヒット曲「目を見て話しましょう」をリメイクした歌で、パク・グンテプロデューサーが直接Ra.Dに歌と編曲を提案して作業が実現した。

Ra.Dは歌、編曲だけでなくミックス、マスタリングまでの全プロセスを直接進め、凄然と一貫して原曲を再解釈し、自分の音楽の色を存分に発揮した。