女優としてドラマや映画で活躍した堀北真希さんが2月28日付で芸能界を引退すると発表し、世間を騒がせているが、お隣の中国でも大手メディアが取り上げるなど、話題になっている。

写真拡大

女優としてドラマや映画で活躍した堀北真希さんが2月28日付で芸能界を引退すると発表し、世間を騒がせているが、お隣の中国でも大手メディアが取り上げるなど、話題になっている。

堀北さんの引退は1日に所属事務所が発表した。堀北さんは直筆のメッセージで「これまでやってまいりましたお仕事から離れることを決意致しました」と引退を報告。ファンや関係者に向けて「素晴らしい14年間を本当にありがとうございました」と感謝の言葉をつづった。堀北さんは昨年12月に第一子を出産しており、家庭を優先させるとみられる。

今回の堀北さんの引退は、中国共産党系の環球時報も「日本の国民的女優・堀北真希が芸能界引退を宣言」「彼女の引退が日本のオタクたちを泣かせた」などと伝えているほか、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)でも数万件のコメントが寄せられている。

中でも、日本の芸能情報を扱うアカウント「新浪日娯」には多くのコメントが寄せられており、「日本のドラマを見て初めて好きになった女優」「死ぬほど泣いた。永遠に愛しています」「『野ブタ。をプロデュース』のほかの2人(亀梨和也と山下智久)が共演するのに、堀北は引退しちゃうのか」「彼女が出てた『花ざかりの君たちへ』、好きだったな」「幸せな生活を祈っています」「子どもが大きくなったら復帰してね」といった声が並んだ。

堀北さんが10年に映画「誰かが私にキスをした」のプレミア上映に出席するため香港を訪れた際には、深夜にもかかわらずファンが空港に殺到した。15年に俳優の山本耕史さんと結婚した際も、ラブレターを通じてというなれ初めもあって中国で注目を集めていた。(翻訳・編集/北田)