写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Net Applicationsから2017年2月のモバイルOSシェアが発表された。2017年2月はAndroidがシェアを増やし、iOSとWindows Phoneがシェアを減らした。iOSではiPhoneもiPadもシェアを減らしている。

Androidをバージョン別に見ると、Android 7.0、Android 6.0、Android 5.1、Android 4.4、Android 4.3、Android 4.2、Android 4.1、Android 4.0がシェアを増やし、Android 5.0がシェアを減らした。ほとんどのバージョンはシェアが増加している。Androidはモバイル/タブレットデバイスで最も大きなシェアを得ているが、複数のバージョンが混在する状況が続いている。

(後藤大地)