『T2 トレインスポッティング』の新ヒロインに抜擢されたのはブルガリア出身の新進女優アンジェラ・ネディヤコバ

写真拡大

1996年に公開されるや、たちまち時代のポップアイコンとなった『トレインスポッティング』(96)。オリジナルキャストが再集結して、登場人物たちの20年後を描いた続編『T2 トレインスポッティング』(4月8日公開)は、先行公開された本国イギリスでは早くも熱を帯びているが、気になるのは大抜擢された“ニューヒロイン”の存在だ。

【写真を見る】エキゾチックな魅力ムンムンのこの美女は一体誰?

『トレインスポッティング』は、スコットランドのエディンバラを舞台に、ドラッグに溺れる青年たちの自堕落な日常と逃避を赤裸々に描き、主演のユアン・マクレガーやダニー・ボイル監督を一躍有名にした出世作。スタイリッシュな映像とクールな音楽も大きな話題となり、今なおカルト的な人気を博している。

今回の続編では、20年前に大金を手に入れて逃亡した主人公のマーク・レントン(マクレガー)が久々に地元に帰郷したことで、かつての仲間の3人と再会。相変わらず裏家業に手を染め、抜け出せなくなっていた彼らの“未来”が描かれる。

おなじみの濃すぎるメンバーが揃うなか、新ヒロイン・ベロニカ役の新進女優アンジェラ・ネディヤコバが大抜擢。本編では、散らかった部屋でマークたちとグラスを交え、ベッドに気怠そうに横たわるなど、アンニュイな姿を披露している。

前作が公開された当時は、まだ5歳だった(!)という彼女だが、本作では前髪ぱっつんのブルネットヘアに、気の強そうな濃い眉と少女のように愛らしい唇を併せ持った、どこかエキゾチックな魅力を放ち、一回り以上年上の男たちを虜にしている。日本ではほとんど無名の彼女だが、今作をきっかけに世界中のサブカル男子の心を鷲掴みにしそうな予感大。

ダニー・ボイル監督もアンジェラの演技を大絶賛。映画ファン待望の本作、ひときわ存在感を放つ新進女優のアンジェラ・ネディヤコバを見逃すな!【トライワークス】