黒を基調として引き締まった外観

写真拡大

FCAジャパンは、限定車「Jeep Grand Cherokee Altitude(ジープ・グランドチェロキー・アルティテュード)」を2017年3月4日に発売する。黒をベースとして引き締まった外観が魅力のジープ・アルティテュードシリーズは、12年から販売を開始し今回でシリーズ第5弾になるという。

特別装備搭載しながらリーズナブルな価格設定

ベースモデルである「ラレード」にコンセプトとなるブラックのアクセントを施し、利用者にニーズの高いリアバックアップカメラやエアサスペンション、スエード・レザーコンビシートなどを搭載した。

様々な特別装備を搭載していながらリーズナブルな価格設定。513万円(税込)。全国のジープ正規ディーラーで200台限定で取り扱う。