橋本環奈&市井昌秀監督が撮影秘話を告白!

写真拡大

Sexy Zoneの佐藤勝利と橋本環奈が映画『ハルチカ』(3月4日公開)で初共演を果たした。紡いだのは、恋人ではないけれど友達以上で、自分にとって大切な人という“トクベツな関係性”。橋本と市井昌秀監督を直撃し、ハルタとチカの距離感について話を聞いた。

【写真を見る】橋本環奈、佐藤勝利とのハグシーンに込めた思いも!

初野晴の大ヒット小説を映画化した本作。廃部寸前の吹奏楽部を存続させようと奔走する女子高生のチカ(橋本)とその幼なじみのハルタ(佐藤)、そして部に集ってくるメンバーの青春をみずみずしく描く。

奔放で勝気なチカは、心優しいがナイーブなハルタをいつも振り回す存在だ。橋本は「お話をいただいた時に原作を読ませていただいたんですが、チカを一瞬で好きになりました。見れば見るほどチカが素敵な子だと思えて、そんな役をできることがすごくうれしかったです。チカは不器用だけれど、まっすぐ。いつも人のことを考えて、前を向いているところが素敵だなと思います」と、まっすぐに突き進むチカに惚れ込んだ。

市井監督は「今もこの部屋に環奈ちゃんが入って来ただけで、パッと花が咲いたようになりましたよね。そういった天真爛漫な部分も自然とチカとしてなじんでいた」と橋本とチカとが見事にリンクしたと話す。さらには「環奈ちゃんは休憩中でも機関銃のようにしゃべってた」と現場で目撃した橋本の様子を暴露。

劇中では、チカの熱意に惹きつけられて吹奏楽部のメンバーが奮起していくが、「環奈ちゃんは本当にいつも笑っていた。いつもチカを意識しながら現場にいてくれて、そのおかげもあってキャストみんなが自然と前向きに撮影に臨めたと思う」と市井監督。まさに橋本の明るさが、キャスト陣を前向きな気持ちにしてくれた様子だ。

一方の佐藤について市井監督は「ハルタに近いところがある」とこちらもハマり役となった。「ここぞというところで、みんなを引っ張る一言を言ってくれるんですよね。ものすごく頼り甲斐がある。休憩中も、みんながハルタに導かれていくといった場面を見かけました」とチームをまとめた佐藤の芯の強さに感謝しきりだ。

冒頭、ハルタとチカの関係性を象徴するようなシーンがある。チカがハルタを強引に吹奏楽部の勧誘活動に連れ出すシーンだ。やる気のないハルタに対して、チカはパンチを入れたり、蹴りを入れたりと、ユニークなまでに勝気さを炸裂させる。インパクト大のこのシーンは、なんと撮影初日に行われたそう。

橋本は「勝利くんとは初共演だったんですが、その距離感のなかでいきなりあのシーン(笑)。戸惑いもありました」と最初は躊躇してしまったとか。「監督は『もっと思い切り行って!』と言っていました。勝利くんも『もっと来てくれて、全然大丈夫です!』とドンと構えてくださった。あのシーンは、『ハルタとチカの関係性はこういうものなんだ』と見てとれるシーン。しまいには『見ている人が引いてしまうくらい思い切り行く』ということをモットーに頑張りました。クランクイン初日がそのシーンでよかったなと思うんです。あそこを乗り越えたからこそ、ハルタとチカの関係性がわかったし、勝利くんとはその先もとてもやりやすくなったんです」。橋本の思い切りのよさ、佐藤の懐の深さが“ハルチカ”コンビとして結実した瞬間だ。

そしてもう一つ印象的なのが、挫折して涙を流すチカをハルタがそっと抱きしめるシーン。市井監督は「あのシーンは撮影の最終日でした。蹴りから始まって、抱きしめて終わった」とにっこり。「環奈ちゃんがいっぱい蹴ってくれたからこそ、その積み重ねが映し出されるシーンになった。ハルタが能動的にチカを抱きしめるシーンです。ハルタらしく、ぎこちない抱きしめ方をしてくれて本当に丁寧に演じてくれました」。

橋本は「関係性が出来上がってきたなかで、あのシーンを撮影することができた。友達でもない、恋人でもない、ハルタとチカの関係性が唯一無二のものなんだということが描かれていると思います」と胸を張る。

「余白を大事にしている」と言う市井監督。演技プランはキャスト陣に多くが委ねられ、自由に役を生きる時間となった。それだけに青春を過ごす彼らの生き生きとした表情が満載だ。ぜひハルタとチカの微妙な距離感にキュンとしつつ、本作を楽しんでほしい。【取材・文/成田おり枝】