鶏むね肉はヘルシーだけどパサつきが気になるという方が多いかもしれませんね。ですが、この作り方ならしっとり仕上がります。シンプルでショウガが香るほかはクセがない肉みそなので、そのままご飯に乗せれば「そぼろご飯」になり、作り置き食材としてはミートソースや担担麺など和・洋・中とarrangeできて大活躍!

ご飯に炒り卵と一緒に盛り付ければ簡単丼に。お弁当にも最適!

【ショウガ香る しっとり鶏肉みそ】

材料(作りやすい1回量)

・鶏むねひき肉 200〜230g
・おろしショウガ 小さじ1/2
・料理酒 大さじ1
・本みりん 大さじ1
・味噌 大さじ1弱
・ココナッツシュガー(または、きび砂糖) 小さじ1
・しょうゆ 小さじ1/2
・塩 ふたつまみ

作り方

1・厚手の鍋(琺瑯鍋など)に鶏むねひき肉、料理酒、みりん、ココナッツシュガー、塩を入れて菜箸(6〜8本)でよく混ぜ合わせる。

鶏ひき肉と調味料をよく混ぜ合わせてから火にかける。

菜箸は6〜8本まとめて使うと調理しやすい。同じ種類でなくてもOK。

2・1を中火にかけ、ひき肉を菜箸で常にかき混ぜながら火を通す。全体に白っぽくなり、水かがなくなったら一旦、火を止める。味噌とショウガを加えて再度、中火にかけ、全体によく混ぜる。仕上げにしょうゆを回しかけ、火を止める。

味噌とおろしショウガを混ぜて全体に行き渡ったら、しょうゆを回しかける。

冷めたら保存容器に入れて冷蔵庫へ!

翌日もご飯やパスタに加えてアレンジ!

簡単! 手軽にトッピングメニュー!

忙しい朝も、この鶏肉みそを用意しておけば料理の幅が広がります。

朝ごはん…納豆ご飯にプラスしても美味!

パスタに…トマトソースにプラスすればヘルシーなミートソースに。さらに余ったら、卵液に加えて、フライパンで焼けば具だくさんのオムレツに!

中華風おつまみにも…豆板醤と刻みネギ、ゴマ油を加えてあえ、温やっこに乗せればおつまみに。味噌ラーメンに乗せれば担担麺風!

Point.

2のステップで火が強いようなら、途中で何度か火を止めてもいい。



■賢人のまとめ
忙しい時期はパッと作れる簡単ごはんになりがち。そういったときは、食材をプラスすることで栄養素も加えるように心がけましょう。丼物は糖質が多くなりやすいので雑穀ご飯に、肉みそにごま油をかけるだけでビタミン補給になります。豆腐やホウレンソウなど葉物野菜のみそ汁を添えるものいいですね。

■プロフィール

時短レシピの賢人 はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。