画像

写真拡大 (全3枚)

 LINEは、NAVERと共同開発でクラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表。今後初夏に、同プラットフォームを搭載した製品として、アプリ「Clova App」、スマートスピーカー「WAVE」を日本と韓国で発売する予定だ。

 LINEは、スペインのバルセロナにて開催されているモバイルカンファレンスMobile World Congress 2017キーノートにて、LINEの新たな戦略としてクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表した。

 「Clova」は、LINEとNAVERの共同開発プロジェクトとして研究開発を進めている。メッセンジャーアプリのLINEと韓国の検索ポータルのNAVERを開発してきた技術や豊富なコンテンツ、サービスを活用することで、よりスマートなクラウドAIプラットフォームを実現した。

 また、同プラットフォームを搭載した製品として、アプリ「Clova App」、LINE初の自社デバイスとなるスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」の発売を初夏に日本と韓国で予定している。

 話かけると音声で会話をしたり、ニュース、天気・占い情報、コマース、カレンダー、翻訳などのコンテンツ・サービスや、音声で家の電気のオンオフなどを行うホームコントロール、オーディオブックなどが利用できるようになる。

 また、今回の発表に合わせて、ソニーエージェントテクノロジーを搭載したスマートプロダクトを展開するソニーモバイルコミュニケーションズ、スマートトイ分野に力を入れるタカラトミー、バーチャルホームロボット「Gatebox」を展開するウィンクルといった企業と様々な領域でパートナーシップを推進していくことも発表。LINEはこれらの取り組みを皮切りに、あらゆるデバイスやシーン、環境とAIが溶け合っていく世界を目指す。

MarkeZine編集部[著]