前作の映画「プロメテウス」に引き続きリドリー・スコット監督がメガホンを取る映画「エイリアン:コヴェナント」の最新予告編が公開されました。最新予告編には植民地となる惑星にたどり着いたクルーがエイリアンと遭遇し恐怖のどん底へ落ちていく様子が描かれています。

Alien: Covenant | Official Trailer [HD] | 20th Century FOX - YouTube

予告編はプロローグとして公開された「最後の晩餐」のシーンから始まります。



「みんな大きな犠牲を払ってここにいる。かつてないスケールの植民地探索ミッションのために。歴史を作りましょう」とミッションの成功を願うスピーチが語られました。



和気あいあいとした雰囲気のクルーたち。



そのクルーたちが乗っているのは人類の植民地となる星を探して宇宙空間を飛ぶ宇宙船コヴェナント号。



コヴェナント号は緑と水に包まれた惑星にやって来ます。



この惑星は人間が生きるのに適した大気が存在する様子。



大きな麦を発見するクルーたち。地球から離れた惑星で一体誰が麦を植えたというのでしょうか。



地面にある卵のような物体を踏むと、さも意味ありげに胞子のようなものが空中に舞い上がりました。



「みんな気づいている?」



「ここには何もない。鳥も動物も……何もいないんだ」



クルーたちが発見したのは前作「プロメテウス」に登場したエンジニアの宇宙船。



宇宙船の内部を探索するクルーたち。このあたりから空気が張り詰めたような雰囲気に変わっていきます。



人間のものと思われるドッグタグを発見。この惑星には人間がいた模様。



たどり着いたのはエイリアンの卵が並んだ空間。



卵がパカッと開き……



中からフェイスハガーが飛び出します。



「聞こえている?コヴェナント!応答して!」と助けを求める声がヘッドセットから聞こえますが、誰も応答しません。



そして恐怖の始まり。



未開の惑星でエイリアンに襲われるクルーたち。



バックバスターが背中から飛び出そうとしています。



惑星は戦場さながらの様相を呈してきます。



白い体を持つネオモーフが登場。





次々とクルーたちは倒れ……



探査船が爆発&炎上。



絶望にうちひしがれます。



大量のエイリアンがいる中を歩いて行く人影。一体何者なのでしょうか。



クルーは果たして生きて地球に帰れるのか。





絶望的な状況の中、人間とエイリアンの戦いが始まります。





惑星から脱出しようと飛び上がる探査船に宙づりになっているクルー。



その探査船にはエイリアンがしがみついていました。



頭突きで窓を破壊しようとして……



雄たけびを上げるエイリアンです。



映画「エイリアン: コヴェナント」はオリジナルの「エイリアン」に続くとされている作品。日本では2017年9月に公開予定です。