吊り革、ドアノブ、ATMなどは多くの人が触る

写真拡大

「電車の吊り革は不衛生か」。バラエティー番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)がこんな話題を取り上げると、出演者からは「汚くて握れない」から「全然平気」まで意見が分かれた。吊り革以外にも「触れない物」が次々と挙がった。

インターネット上の書き込みを見ると、ATMのタッチパネルにも触りたくないという声がある。気にし過ぎなのか、汚れている可能性を考えたら触らないに越したことはないのか。

吊り革は「指1本で掴みます」

議論があったのは2017年2月26日の放送。佐々木恭子アナウンサー(43)は「吊り革はちょっと握れない。ヌルッとした脂っぽい感じがするのが嫌で...」と話し、アイドルの小鷹狩百花(こだかり・ももか)さん(18)も「私も吊り革は無理です。危ないので指1本で掴みます。吊り革が生ぬるいと冷たいところを触れるように回します。でも指1本です」と嫌悪感たっぷりだ。東野幸治さん(49)は「汚いおっさんが触ってると勝手に思ってるだけちゃうの」と信じられない様子だった。

ところが、その東野さんも「エレベーターのボタンだけはちょっと(触れない)。ダイレクトに突っつくのが何となくダメ」と言い、押す時は手のひら側の中指の第2関節でちょこんと触れるという。これにはヒロミさん(51)やウエンツ瑛士さん(31)が「全然触れる」「何も気にしない」と正反対の反応だ。松本人志さん(53)は「トイレのドアノブの上の、ドア部分の塗装がはがれてるのを見ると、みんな汚いと思って(ドアノブに直接触るのを避けてい)るんやろなあと思うわ」と語った。

掲示板サイト「ミルトーク」に17年1月27日に立てられたスレッド「誰もが触るATMや券売機など公共のタッチパネル、衛生面で気になったことはありますか?」には100件以上の書き込みがあった。「気にしたことがない」「気にしていたら外で何もできない」「あまり考えずに操作している」と意に介さない声が多かったが、「汚いですね。できれば触りたくない」「不特定多数の方が触れるものなので、正直毎回気になる。抗菌仕様とかだといいですね」「ある。手垢が付いていると思うので、触れた後は手を洗うか除菌ウェットティッシュで拭きます」と不快感を示す声も複数出た。衛生面で気になるが、「キリがないので考えないようにしている」「気になるが仕方がないと思う」との意見も少なくなかった。

衛生用品メーカー「触らないという対策よりも」

衛生用品メーカーのサラヤはウェブサイト「感染と予防Web」の中で、「ドアノブやコピー機、自販機のボタンなど、多くの人が触れるところを介して、細菌やウイルスが手に付着する場合もあります」と指摘している。

J-CASTヘルスケアはサラヤに取材し、「吊り革やエレベーターのボタン、ATMのタッチパネルなどから何らかの疾患にかかる可能性があるか」を聞いた。「ウイルスや細菌は目に見えません。多くの人が触れる箇所には、ウイルスや細菌が付着している可能性があります」とし、次のように答えた。

「インフルエンザにノロウイルス、多くの感染症にあてはまりますが、感染経路に『接触感染』があります。例えばインフルエンザは、感染者の咳やくしゃみ、会話の際に発生する飛沫(小さな水滴)や鼻水にインフルエンザウイルスが含まれます。感染している人が、咳をした時に口を覆った手や、鼻をかんだときには、手指にウイルスがついている可能性があります。その手でドアノブや手すり等を汚染し、それを触ってしまった手を介して感染することもあり得ます」

では、多くの人が触れる物には直接手で触らない方がいいのか。回答は、こうだ。

「触らないという対策より、手洗い・手指消毒をするといった対策をおすすめします」

直接触るのをためらうのは「手が汚れる、手を介して感染するといった気持ちがあるのかも知れません」が、「しかし、物に触れないということは難しいと思います」として、再度こまめな手洗いと手指消毒を強調した。外出からの帰宅時、食事前、トイレ使用後といったタイミングで「石けんで手を洗い、よくすすぎ、水気をしっかり除いた後、アルコール消毒剤で消毒をする『洗って・ふいて・消毒』」の励行が重要だ。