1日、黒澤明監督が残した未映像化の脚本「黒き死の仮面」が、中国で映画化され、2020年に公開されることになった。写真は華誼兄弟のワン・チョンレイCEO。

写真拡大

2017年3月1日、黒澤明監督が残した未映像化の脚本「黒き死の仮面」が、中国で映画化され、2020年に公開されることになった。捜狐が伝えた。

【その他の写真】

中国最大の民営映画グループ・華誼兄弟伝媒集団と、映画会社・北京聯合工夫影業がタッグを組み、5本の映画を制作する「五行電影計画」が1日、発表された。

最も注目されるのは、黒澤明監督の遺作を中国で映画化するプロジェクト。「黒色假面」のタイトルで紹介されるこの作品は、黒澤監督が77年に執筆し、未映像化だった「黒き死の仮面」のこと。同作はエドガー・アラン・ポーの小説「赤死病の仮面」をベースにしたサスペンス作品だ。

華誼兄弟のワン・チョンレイ(王忠磊)CEOによると、「黒色假面」は2020年10月に公開予定で、現在は監督を選定中とのこと。できれば新進気鋭の若手監督を起用したいと話し、「日本の巨匠の作品に、中国の新世代の映画人のパワーを注ぎ込みたい」と希望を語っている。

「五行電影計画」ではこのほか、ツイ・ハーク(徐克)監督による「判事ディー」の人気シリーズ第3弾「狄仁杰之四大天王」などが発表されている。(翻訳・編集/Mathilda)