指原莉乃【写真:竹内みちまろ】

写真拡大 (全2枚)

 HKT48の指原莉乃が2月28日、乃木坂46や欅坂46などの坂道系グループとAKB48グループのメンバーから構成され、“顔選抜”とも称されている「坂道AKB」に対して「呼ばれてないぞォ〜?」と冗談交じりにコメントし反響を呼んでいる。

 「坂道AKB」には欅坂46の平手友梨奈をセンターに、HKT48の宮脇咲良、乃木坂46の齋藤飛鳥、SKE48の松井珠理奈、AKB48の向井地美音と、それぞれの次世代を担うエースたち18人が抜擢。どのメンバーも容姿レベルが高いことから、“顔選抜ユニット”“美少女選抜ユニット”などとさまざまなメディアが報じたため指原は自身のTwitterで「顔選抜?はて?呼ばれてないぞォ〜?」とジョークを飛ばした。このツイートには「次世代ですから」「さっしーこう言うとこ推せる」「まあまあ(笑)今回は、後輩達に華をもたせてあげましょう(笑)」とファンも楽しそう。

 そのほかにも、指原の脚は、AKB48屈指の美脚とも評されているため「じゃあ美脚選抜作ろ」「脚選抜はセンターだね」といった声やバラエティ番組などでの機転の利いたトーク力に「トーク選抜なら 1番だよね〜」などの声も上がっているようだ。