【詳細】他の写真はこちら

これが未来のレースのスタイル?

現在レースに向けて車両の開発が進められている、AI(人工知能)による自動運転レース「Roborace」。この「Roborace」で利用される電気自動車が、バルセロナにて開催中の世界最大級の携帯通信機器見本市「モバイル・ワールド・コングレス 2017」(MWC 2017)の会場にて初公開されました。

1年前にデザインだけは先行公開されていたこのマシンは、車両重量975kgで全長5m・全幅2mというサイズ。4つの300kWモーターによって駆動される無人レーシングカーということになります。映画『トロン: レガシー』に携わったDaniel Simon氏がデザインしたスタイリングは、まるで実物大のレーサーミニ四駆のような不思議なデザイン。コックピットがないだけでクルマの印象って大きく変わるんですね。

各種センサーを満載した未来設計の車両



The car of the future is here. Introducing Robocar. #Roborace #MWC17 #Robocar pic.twitter.com/Ggyn08kI8P

- Roborace (@roborace) 2017年2月27日



レース速度が時速320kmにも達するとされるRoboraceに合わせ、車両のデザインは流線型を活かした美しい形状に。また車体各部にはレーダーや超音波センサー、光学カメラが取り付けられ、これらから得られたデータはNvidia製の人工知能プロセッサによって処理されます。そしてレースの勝敗を決するカギとなるのは当然ながら人間のドライバーではなく、人工知能プログラムの優劣であるとのこと。うーん、なんて未来的なレースなんでしょう。

すでにデモ走行もスタート





ちなみに2017年2月にはデモ車両による初レースが行われたのですが、その時は出場した2台のうち1台がクラッシュするという苦い結果に。しかし、今後大いに発展すると期待される自動運転レースでありますから、今のところはこうしたクラッシュも醍醐味のひとつとして捉えたいところです。



数週間以内には、今回披露された車両も実際に走行する予定であるとのこと。まだ公式レース開催には至っていないRoboraceですが、人工知能がコントロールする未来のレースを、はやくこの目で見てみたいものです。

文/塚本直樹

関連サイト



Twitter(『Roborace』公式アカウント)

関連記事



迫力のラリー仕様ヴィッツ、豊田社長とともに見参!【最新レース車両ギャラリー】

バイク好き必見!「鈴鹿8耐」過去11年のレース映像がニコニコ生放送に

かっこいい!EVの魅力をレースで伝える【よろしくデジテック】