1年以内に結婚相手を見つける!「ターゲティング」のための8要素【ムンロ王子のシンデレラへの道3】

写真拡大

年齢・性別・国籍…全て不明のパワータロット・カウンセラー「ムンロ王子」。麗しの世界の住人である彼(彼女?)が、『恋愛成就のためのセルフ・プロデュース』をテーマとしたコラムをお届けします。素敵な恋がしたいみなさん、ムンロ王子のもとであなただけの「ガラスの靴」を見つけましょう!

■その前に…ムンロ王子って何者?





Bonjour!ムンロ王子です。今回は「ターゲティング」、釣りで言うと「どんな魚を釣るか」についてお話しましょう。

よく恋愛の話で「どんな人がタイプ?」と聞かれます。「ターゲティング」とはまさに「これから探す恋愛対象のタイプ」を明確にすることです。
ただ、みなさんは「どんな人がタイプ?」と聞かれるとタレントや身近な人を引き合いにして説明すると思いますが、そのような絞り込んだイメージで凝り固まったまま探しても「理想の相手」は見つかりません。

「ターゲティング」とはあまり具体的に絞りこまずに、それでいてどんな人かがイメージできるものである必要があります。
これから恋愛、さらには結婚相手となる異性を探すのに必要な条件を特定し、そういう人が集まりそうな場所や会合を具体的にイメージでき、そういう所に出向いて行き『出会う』ための第一歩となるものでなければなりせん。

「鯛を釣る」というくらいに餌や漁場を特定できる程度の絞り込みで良くて、「50cm以上の脂の乗ったオスの真鯛を釣る」など絞り込みすぎないということです。

■結婚相手を見つけるための8つの基準


ここでは恋愛の相手を評価するための指標として『外見』『財力』『野生』『趣味』『性格』『情』『知性』『性』の8つに絞らせていただきます。
もちろん異性を評価する基準はもっとあると思いますが、今回は「結婚」を前提としてお付き合いする相手に限定し、そのために必要最低限の指標に絞りました。



それぞれの詳細についての説明は次回以降に譲るとして、今回はこれらからどのように「ターゲティング」を絞り込むかについて概略をお話します。

結婚相手がいない30代後半の女性に、この8つの基準のどれを優先させるかを尋ねると、ほとんどの人が全てもしくは半分以上の基準を重視して、なかなか優先順位をつけられずにいます。
他方、すでに恋人がいる人や結婚しているような人は基準の優先順位にメリハリをつけていて「ターゲティング」がとても明確です。

■1年以内に結婚相手を探すためには


まず「ターゲティング」をするには、上記の8つの基準の中から優先順位を明確にして「タイプの人」のイメージ作りをします。具体的には、8つのうち優先項目を3つ以内に絞り込み、他の基準については不問とする…ということです。

例えば、『外見』と『趣味』が合えば他は気にしないとか、『財力』『性格』『知性』は譲れないけど、他はどうでもいいなど。

「ターゲティング」とはこのように対象となる相手の条件について、8つの評価基準の中から優先順位を決め、他の条件については問わないと割り切ることで、対象をより具体的にイメージし、そのような人と会える場所や会合を特定しやすくすることです。

もちろん20代半ばの女性はまだ結婚に時間的余裕があるので、この優先基準を5つとか6つにしてもいいのですが、優先基準が多いとそれだけ出会う確率が低くなるだけでなく、競争率が高く、さらには女性にモテるのでその男性自身の独身願望の度合いも高いということになります。

基準を絞り込むことで相手の魅力は下がりますが、妥協した分、出会う確率が高く、競争率は低く、結婚に至る確率も高まるということです。
ここでは、「30代後半の未婚女性が1年以内に結婚相手を探す」という目的に限定してお話しをしているので、そのことを忘れないでください。

次回からは8つの基準と、それによりどのように「ターゲティング」するかについて、具体例を交えながら解説していくことにします。お楽しみに!

■3月のカード:【吊るされた人】幸せのための試練



今月ご紹介するカードは【The Hanged Man:吊るされた人】、大アルカナの「12番」。

【The Hanged Man:吊るされた人】

一見、拷問や処刑を思わせる絵ですが、このカードのメッセージは「今は耐え忍ぶ時、その先により良い未来が待っている」という意味。吊るされた人は吊るされても苦しい顔をしていません。意に反して吊られているというより、自ら進んで吊るされているかのようです。

人は目標を持った時、その目標に向かってのあらゆる努力や苦労を厭いません。山を登る人が頂上を目指して険しい山を一生懸命に登るように、この吊るされた人は遠くの『目標』を目指してじっと耐え忍んでいる…そういう姿なのです。

そっと背中を押す、あなたの味方


正位置で出ると「幸せのための試練」という意味。今は大変だけどその先にゴールが見えているので、このまま頑張り続けなさい、といったことを表します。
逆位置で出ると「報われない苦労」となり、今やっていることの先にゴールは見えるか、今進んでいる道は正しいのか、そもそもゴールそのものに誤りがないかを見直すようにアドバイスしてくれます。

「ローマは1日にして成らず」。何かを成し遂げるということは時間のかかるもの。高い山を登ればなおさら、途中の道のりは険しく道のりも長く時間もかかり、途中で諦めてしまいがちです。そんな時、この『吊るされた男』は現れて鼓舞してくれるのです。
パッと見では怖いカードに見えますが、実は背中を押してくれる、とても心強いカードなのです。

3月のシャンソン

『3つの鐘』

フランスの大御所エディット・ピアフの曲。デビュー曲『バラ色の人生』と同じ1945年に発表された曲で、原題は「Les Trois Cloches」、邦題は『谷間に3つの鐘が鳴る』。

1945年と言えば第二次世界大戦が終わった頃。終戦後、多くの若者を失った記憶が満ちた時代に、ジャン・フランソア・ニコという男性の一生について希望と悲哀を込めて歌った大作です。

歌は前段を男性コーラスが讃美歌風に歌い、後段をピアフが抒情的に歌う形式で、谷間の小さく寂しい村で繰り広げられる「生まれて、愛して、死ぬ」という平凡で当たり前の人生のサイクルを鐘の音に合わせて歌います。

『愛の讃歌』を筆頭に女性の愛を歌う曲が多いシャンソンの中で、男性の一生について歌う応援歌として、ちょうど『マイ・ウェイ』のシャンソン版のような位置付けで、ムンロ王子はライブのエンディングにこの曲を力強く歌います。



3月のタロット占いイベント

■3月9日(木)19:00〜23:00
『Dining Bar Shelter』(03-5577-4949)千代田区神田小川町2-8

■3月21日(火)19:00〜23:00
『麻布十番Barこらぼ』(03-6435-0995)港区麻布十番2-4-8麻布十番館4階

■3月23日(木)(19:00〜23:00)
『いちゃりBAR』(03-3809-5531)荒川区町屋3-2-1

■3月28日(火)19:00〜23:00
『赤道倶楽部』(03-6228-7295)中央区銀座1-13-8ハビウル銀座2階

いずれも20分3000円(要予約)

【プロフィール】
ムンロ王子

東京大学法学部を卒業してIT企業を経営しているムンロ王子。趣味で始めたタロット占いが評判となり、7年間で占った人は6000人を超える。これまでタロット占いを通じてさまざまな人生に触れてアドバイスしてきた教訓を〈シャンソン〉というジャンルの歌を歌うことで広く伝えています。

2016年12月25日には日テレの『スクール革命』という番組で「今どきのクセの強い占い師」としてお笑いタレント千鳥のノブくんの2017年の運勢を占い、シャンソンもお披露目しました♪タロット占い、ライブ活動など活動内容はFacebookにて公開中!