留学を経験すると、日本に住んでいる頃には気づかなかった色んな面が見えてくるもの。そこで今回は、コスモポリタン イギリス版がまとめた「留学経験者あるある」をお届け。

出身国や留学先の国がどこかに関わらず、留学生はみんな似たような経験をしているのかも…?

1.遠距離恋愛のツラさが理解できるようになる

彼氏や彼女に限らず、ペットや友だち、家族、自分の部屋まですべてが恋しくなる!

2.電車やバスが遅れても気にならない

不便なことやトラブルに慣れっこになる。

3.パッキングの腕が上がる

たとえどれだけ荷物が増えても、スーツケースに詰めて帰国しなければならないから。

4.たった2〜3カ月の滞在でも、その場所が"地元"みたいに思えてくる

5.ほっぺへのキスが握手代わりの挨拶になる

でも留学から帰ったら、恥ずかしいから絶対やらない…。

6.長距離の電車移動が苦ではなくなる

新幹線がなくても生きていけるようになる。

7.帰国すると、ご飯の美味しさに泣く

8.SkypeやSNSのおかげで現地の友人や恋人と繋がっていられる

今の時代に感謝!

9.一生付き合える友人と出会い、留学する前の不安が嘘みたいに思える

10.帰国後、留学中の思い出に浸り、何度も戻りたい衝動に駆られる

人気だったテレビ番組が懐かしくなったり、あまり美味しいと思わなかった現地の料理が恋しくなることも。

11.語学力がどのくらいアップしたかはわからないけど、現地で親しまれてるお酒の味はわかるようになったかも

…って、オイ!(笑)

※この翻訳は、抄訳です。

Translation: Captain & Me, Inc.

COSMOPOLITAN UK