写真提供:マイナビニュース

写真拡大

JapanTaxiは3月1日、提供しているタクシー配車アプリ「全国タクシー」の新機能として、「JapanTaxi Wallet」(ジャパンタクシー ウォレット)をAndroid版で先行リリースした。iOS版も今後対応予定。

JapanTaxi Walletは、東京23区・武蔵野市・三鷹市で運行する日本交通のタクシー4,100台に設置されているタブレット端末で、目的地に向かう乗車中に支払い手続きを完了することができる機能。現在は流しのタクシーでのみ利用できる。

全国タクシーアプリで、各種クレジットカードやキャリア決済など、決済手段を選択して登録。車両内のタブレット端末下部に表示されている「JapanTaxi Wallet」ボタンをタップし、表示されたQRコードをアプリで読み取ることで支払い手続きが完了する。目的地に到着したら降りるだけ。紙のレシートは従来通り手渡されるが、Web上で領収書を発行することも可能だ。