「東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻第八期生修了制作展」

2017年3月3日(金)から3日間にわたり、「東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻第八期生修了制作展」が開催される。会場は東京藝術大学横浜校地馬車道校舎で、予約不要 / 無料での入場が可能。“つくる”ことを主体としたカリキュラムで次世代のリーダーの育成に努めているアニメーション専攻の学生たちによって、研究 / 修了制作の成果が発表される。時間は初日が11:30〜20:00 / 2日目が10:00〜21:30 / 最終日が10:00〜20:00。東京藝術大学大学院映像研究科では、2008年にアニメーション専攻が設置された。横浜市文化観光局との連携 / 協力によって映像文化都市づくりを推進し、その一環として地域貢献事業に取り組んでいることでも知られている。本展では、第8期生の修了作品として全14作品を上映するとともに、今年度制作の一年次作品(全16作品)や、フランス国立高等装飾芸術学校(ENSAD)2016年度交換留学生作品の作品(全1作品)も上映。さらに、ゲストによるトークイベントやメイキング映像の上映、作品に使用された原画や人形の展示なども実施される。なお、本展の会期終了後の3月11日(土)〜3月17日(金)には、渋谷・ユーロスペースでも連日21:00からの作品上映を予定(有料)。■期間:
2017年3月3日(金)〜3月5日(日)

■開催場所:
東京藝術大学横浜校地馬車道校舎
神奈川県横浜市中区本町4-44

■問い合わせ先:
東京藝術大学大学院映像研究科アニメーション専攻
url. http://animation.geidai.ac.jp/08zoom/