カメラやレンズのほか三脚やフィルターなど各種写真用品を総合的に扱っているケンコー/トキナーは今年も数多くの新製品を出展した。また、主にプロフェッショナル向けの商品を扱う関連会社KPIも別ブースを構え、レンズや三脚などを出展した。

ケンコー/トキナーの主な新製品は8mmフィルムスキャナー、タイムラプス赤道儀、半天球カメラ、ENEROID自動充電器、LENSBABY Trio28のほか、Beast Grip Pro社のオプションとして1.33X AnamorphicやDOF Adapter MKIIなどが、KPIブースではデジタルシネマカメラ用レンズとしてTokina CINEMA LENSシリーズやSAMYANGのPLマウントレンズXEENシリーズ、Veydra Mini Primeシリーズなどが出展されていた。

Tokina FiRIN 20mm F2 FE MF Aspherical。35mm判のイメージサークルをカバーするMFレンズで、ソニーEマウントを採用。5軸手ブレ補正、MFアシストなど純正レンズが実現する機能も利用可能8mmフィルムスキャナー。3分の8mmフィルムを約35分でMP4フォーマットのHD画質でキャプチャー可能。記録メディアはSDメモリーで、シングル8、スーパー8、レギュラー8の3-5号リールに対応タイムラプス赤道儀。搭載重量は最大5kgまでで、左回転および右回転、スイングの動作が可能。回転速度は48h/周、24h/周、12h/周、6h/周、3h/周、1.5h/周、1h/周の7段階半天球カメラ。専用アプリでスマホからコントロール可能で、30fps1920x1080pの画像をH.264フォーマットのムービーファイルとして記録可能ENEROID自動充電器。上部に単3型充電池を入れるだけで(最大20本)自動的に順次充電し、下部のホッパーから出てくる。電池の極性を気にすることなく投入することができる焦点距離28mm・F3.5絞り固定、LENSBABY Trio28。Twist、elvet、Sweetの3つの効果を切り替えることが可能Beast Grip Pro社のオプションとして1.33X AnamorphicやDOF Adapter MkIIを新製品として披露Tokina CINEMA LENSシリーズ。スーパー35用のPLマウントレンズを最新のフルフォーマット6K・8Kカメラに使用できるようイメージサークルを1.6倍に広げる1.6Xexpanderが新製品として加わった

ケンコー・トキナー 360°全天球動画

RICOH THETA Sで撮影した360°全天球動画です。視点変更機能を利用するにはPC版Google ChromeブラウザおよびiOS/Android版YouTubeアプリが必要です。(アプリ起動はこちら)