今回は、彼氏がいない歴=年齢の女子の特徴についてお届けします。たとえば、清潔感がないとかネガティブとか理想が高いとか……ネット上ではすでにたくさん書かれていますが、もう少し違った視点からみていきましょう!

1. なんだかんだ言って、ひとりが好きな女子



恋愛って、ほら、なんだかんだ言ってめんどくさいことがたくさんありますよね。付き合う前の心理的な駆け引きから始まり、付き合った後も「今日は会いたい、イヤわたしは会いたくない」となったり。
そういう心理的な駆け引きがついてまわるのが恋愛だということを、女子は知っているでしょう。

「わたしにはそういう駆け引きは無理。ひとりでご飯を食べて、ゲームするのって最高! お腹がすいたら、キッチンの前に立ったまま、鍋の中のものをスプーンですくって食べるのって、なんか自由でいいよね」なんて思っていたら、やっぱり彼氏はできないですよね。

本心から彼氏が欲しいと思う日がいずれ来る


「ひとりが最高!」と思っているのであれば、ずっとひとりで生活を楽しむといいと思います。そのうち、ひとりでいることがどうしてもさみしくて、「彼氏がほしい!」と心の底から思えば、きっと彼氏ができるでしょう。恋愛ってこれくらい単純なことでもあるし、誰だって自分がやりたくないことを無理にする必要ってないですよね?

2. 男子と遊ぶのが超苦手な女子



恋愛上手な女子って、男子と遊ぶのが好きとか、女子と一緒に遊ぶより男子と一緒のほうが楽しいと思っています。これは「思っています」と言い切ってもいいことでしょう。つまり、彼氏ができるというのは、いわゆる「モテテク」を参考に、その通りにしたからできるわけではないということです。男女で仲良く、いわば「人としての交流」があったうえで、男子が女子に惹かれ、女子が男子に惹かれるわけです。だから、男子と遊ぶのが超苦手な女子は、「年齢の数=彼氏がいない期間」だったりするでしょ?

ではどうすればいい?


これは、恋愛テクニックがど〜のこ〜のという以前に、自分が誰と何をして遊びたいと本気で思っているのか? というのを、自分で再確認するしかないでしょう。「男子たちと楽しく遊ぶと彼氏ができやすいです」と言ったところで、遊びって誰かに強制されてやるものではないからです。だから、女子と遊ぶのが楽しいと思っている人は、ずっと女子と遊び続けるといいでしょう。

「イヤ、それでもわたしは、少しずつ男子と遊び慣れていかないと婚期を逃しそうだ」と思えば、少しずつ男子と遊ぶ機会を増やしていくといいように思います。遊びって100%自主的な行為なので、これくらいしか言いようがないです。

3.恋愛よりも大切なものがある女子



若い女子の中に「恋愛よりも大切なものがある」と思っている女子がどれほどいるのか? といえば、あまり多くはいないかもしれません。でも「人生の時期」によるかもしれませんね。たとえば、25歳でWワークをしている女子に話を聞くと、「今は恋愛よりお金を稼ぐほうが楽しい」と言ったりします。あるいは、超わかりやすい例を挙げるなら、たとえばピアノで飯を食いたいと願っている女子は「恋愛よりピアノ」でしょう。

今しかできないことを精一杯やろう


こういう女子のことって、あまりネットの恋愛コラムで取り上げられないのでつい見逃してしまいがちですが、そういう女子だって「若い女子の一員」なわけですから、ちゃんと見てあげて理解してあげるというのが大切ではないかと思います。

恋愛よりも大切なものがある人は、恋愛なんてしないで大切なものを大切にしてください。若い時間って短いです。若いときに伸ばさないと、あとになって伸びない才能ってたくさんあります。どうか自分のために十分に時間を使ってください。



ぶっちゃけ、彼氏ができない人は、なぜ自分には彼氏ができないのかを痛いほどわかっていると思います。たとえば太っているからとか、男子と話をするのが苦手だからとか……。
でも、そう自分を責めないでほしいのです。誰だって、その気になればできるのが恋愛です。だから、ちょっと失礼な言い方ですが「よくこの人にパートナーができたな」と思えるような人にだって相方がいるのです。
あなたがどんな人であれ、その気になればできるのが恋愛です。もっと心を広くもって、自由に生きてみてください。
(ひとみしょう)