3月に開催が期待されるAppleのスペシャルイベントで、iPhone SEの容量128GB版が追加されるとの情報を受け、アメリカの大手量販店Targetが、iPhone SEの在庫整理を始めたと報じられています。

TargetがiPhone SEの在庫返品を開始

米メディアMacRumorsが、Targetが3月1日までに、iPhone SEの在庫をAppleに返品するよう、各店舗に通知したと伝えました。
 
同メディアが実際に入手した社内メモには、ロック解除された16GB、64GBのゴールド、シルバー、ローズゴールド、スペースグレーの計6台と、Sprintモデル計2台を返品せよとの指示が記されていた模様です。
 
また複数の匿名の従業員によれば、Targetは2016年9月以降、iPhone SEを入荷していないとのことです。

いつになる?Appleのスプリングイベント

TargetがiPhone SEの在庫を返品した理由についてMacRumorsは、単に売れ行きがよくないという可能性もあるが、3月のイベントでiPhone SEの128GB版が追加されるからかも知れない、と推測しています。
 
まだ開催期日がはっきりしないAppleのスプリングイベントですが、開催されるとしても中心となるのはiPad Proであり、iPhoneについては今のところiPhone SEに128GB版が追加されるという情報と、iPhone7/7 Plusにレッドモデルが投入されるという噂にとどまっています。
 
 
Source:MacRumors
(lunatic)