ハイテク技術が学べる図書館

写真拡大 (全4枚)

あの手この手で…

オランダの一般図書館は本を貸し出すこと以外に、一見(いちげん)の訪問者をリピータ―にするため、さまざまな趣向や工夫を凝らして集客に懸命である。そのおかげで、今や図書館は料理教室から映画上映まで、なんでもありの知的アミューズメント施設といった感さえあるようだ。

図書館の利用頻度が高いのは小学生だが、付き添いの保護者も含めれば立派な集客ターゲット層になり得る。これを見込んだアムステルダム市立図書館では、親と子のための「テク工房」を今年2月にオープンした。この工房は、館の一角をいわゆる工作室として開放したものである。しかし、室内でただ図画工作を行ってもらうのではもちろんない。子どもたちよりもむしろ、親たちのほうが積極的に参加したくなるようなテクノロジー系の内容を提供するということで、オープン前から国内で話題を呼んでいた。

source: http://www.napnieuws.nl/wp-content/uploads/2017/02/P2580282.jpg

ハイテク工房で3Dプリンターを学ぶ

その名も、「マークプラーツ(Maakplaats・創作場の意味)021号室」と呼ばれるこの工房は、人びとにモダンなテクノロジーとの接点を提供する目的で製作された。単純な例でいえば、電池で動くロボットを手作りしたり、小型のモーターを仕込んだ動き回るネズミのおもちゃを作ったり、と、こうしたクリエイティブな楽しみを通じてテクノロジーへ興味を持ってもらおう、というのがオープンの主旨である。

source: http://maxpixel.freegreatpicture.com/static/photo/1x/Printer-Making-3d-printing-3d-Pressure-1455165.jpg

中でも、この図書館で最大のウリは、新規導入した3D プリンターである。このマシンは、子どもにも簡単で楽に、そして安全に取り扱えるよう工夫されており、正式には「熱溶融積層方式3Dプリンター」と呼ばれるものだという。子どもたちは親と一緒に、工学大学に通うボランティアの学生たちの指導を受けながら、プリンターの使用法や応用法などを学ぶ。そして、好みのアクセサリーやフィギュアなどをプリンターで思いのままに手作りするわけだ。近い将来、3D技術学習が国内各小学校で正式に導入されるということだが、それを踏まえて幼少から、テクノロジーに接する機会を提供する意義は大きいといえるのではないだろうか。

source:http://3d-printergids.nl/kinderen-leren-3d-printen-op-de-basisschool/

テクノ・コースを提供

アムステルダム市が中心となり、市立工業高校の協賛を受け実現したこのテク工房だが、約4年間におよぶ研究調査結果をベースにして考案・実行された経緯を持つ。就学年齢の子どもたちを擁する一般教育機関では現在のところ、3Dプリンターを積極的に使用する授業や指導が盛んとはいいがたい。しかし、こうした最新テクノロジーに幼少から触れておくことは、子どもたちの好奇心を満足させ、つきない探求心を大いに刺激することにもなろう。アムステルダム図書館のこの先例と成功にならい、ロッテルダム市やハーグ市など大都市の図書館もテクノ系コースを提供する予定があるというから、将来が楽しみだ。

【参考】

※ OBA-filialen krijgen 3D-printers en lasersnijders voor de jeugd - Stadsgids - PAROOL