「リーグ・オブ・レジェンド」の正式サービスがスタート

写真拡大 (全3枚)

月間アクティブプレイヤーが1億人を超える世界的人気PCオンラインゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、以下:LoL)」。この運営元であるRiot Games, Inc.(米国)の日本法人となる合同会社ライアットゲームズは、運営する「リーグ・オブ・レジェンド(オープンベータ版)」のサービス開始から1周年を迎える2017年3月1日に、オープンベータ版から正式版へとサービスを切り替え、LoLを国内で本格展開する。

ライアットゲームズではサーバー稼働1周年に際して、3月から4月にかけて、1周年記念プロモーションを実施。既存のプレイヤーはもちろんのこと、新規プレイヤー獲得に向けた動画やコンテンツなどを配信し、国内サーバーのより一層の活性化を図っていくとのこと。

また、この度の1周年をよい機会として、これからも “プレイヤーの素晴らしいゲーム体験”をあらゆる決定の最重要事項とするグローバル統一の運営方針「プレイヤー エクスペリエンス ファースト」を、国内サービスでも徹底していく。

LoLは、基本的に誰でも無料で遊ぶことができる、PCオンラインゲーム。課金や通算プレイ時間などの差によって勝敗が左右することはなく、どのタイミングでゲームをスタートしても他プレイヤーと対等に戦うことができるフェアなルールが特徴。また、eSportsに求められることの多いハイスペックなパソコン環境ではなく、家庭用などの平均的な性能のパソコンでもプレイすることができる。



■オフィシャルサイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・OPUS最後の来場者参加型音楽イベント-「エレクトリカル アンサンブル -ソニーを奏でる、みんなで奏でる-」を開催
・2月28日は「バカヤローの日」。怒りの実態を丸裸に!(マクロミル調べ)
・「ストリートファイターII」とトヨタの「C-HR」がコラボ
・NTTドコモ、人気のアプリ「SNOW」とタイアップして「NTTドコモ×SNOW presents 卒業“盛ルバム”」を実施