「小さいころから彼のファンだった」コルトン・ヘインズ
 - Michael Tran / FilmMagic / Getty Images

写真拡大

 テレビドラマ「ARROW/アロー」のロイ・ハーパー/アーセナル役で知られるコルトン・ヘインズが、4月24日(現地時間)にニューヨークのハイライン・ボールルームで開催される故ジョージ・マイケルさんのトリビュートコンサートで歌声を初披露すると E! News が報じた。

 同イベントは米ケーブル局VH1の音楽教育チャリティー、VH1セーブ・ザ・ミュージックが主催し、コルトンのほか、映画『ジャージー・ボーイズ』のエリック・バーゲン、「アンブレイカブル・キミー・シュミット」のタイタス・バージェス、「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル」のシャイアン・ジャクソンのほか、トニー賞ミュージカル「ハミルトン」のハビエル・ムニョスも参加するそう。フルオーケストラと歌の豪華な一夜になるようだ。

 プロデューサーも務めるエリックはコルトンの出演をうれしく思うとコメント。「メンズ・ファッション・ウィークで彼を捕まえて、お願いだから参加してくれと頼み込んだんだ。彼はイエスと言ってくれた! 最高の気分だよ。ほかの参加者たちにも興奮している。すごくワイルドな夜になりそうだ。待ちきれないよ」と言っている。

 コルトンは何を歌うかは明かしていないが、参加できることをうれしく思うとのこと。「僕は小さいころから彼のファンだったからうれしい。マイケルは多くの人にインスピレーションを与えた人で、自分の音楽からも、自分であり続けることからもそれることがなかった。立派だと思う。僕を含め、彼の音楽で多くの人が深い感情を抱かされた。彼をたたえるイベントに参加できるのはとても光栄だ」と語っている。(澤田理沙)