明治大学教授 鹿島 茂●1949年、神奈川県横浜市生まれ。県立湘南高校から東京大学へ。同大学院博士課程修了。専門は19世紀フランス文学。サントリー学芸賞受賞の『馬車が買いたい!』をはじめ著書は100冊以上。

写真拡大

キャリアアップする、お金を増やす、家庭と仕事を両立させる、教養を高める。どうやったら「一段上」の自分になれるのか。達人たちのアドバイスを聞こう。

目的:教養を高める
●教えてくれる人:明治大学教授 鹿島 茂さん

100万人以上にのぼるシリア難民がEU域内へ流入したのは2015年のことである。EU諸国が難民問題で苦悶するなか、翌16年には国民投票によってイギリスのEU離脱が決まり、同じ文脈から、アメリカ大統領に孤立主義を掲げるトランプ氏が当選した。

私たちはこれまでとは異なる「新しい時代」を生きている。ここ2年の出来事を目の当たりにして、誰もがそんな実感を抱いたのではないだろうか。

私は1995年頃から「本当の意味の21世紀は、15年頃に幕を開けるだろう」と繰り返し述べてきた。ある意味で、予言を当てたことになるだろう。

16世紀以降のフランスの歴史を見ると、世紀の変わり目を予感させる出来事が世紀末の85年頃から起きはじめ、やがて30年後の15年前後に決定的な事件が勃発する。そしてそれ以降、新しい時代が始まるというパターンがある。たとえば1789年にフランス革命が始まり、1815年にナポレオン戦争が終結したのが一番わかりやすい例だろう。のちに『パリ・世紀末パノラマ館』として単行本化する原稿を東京新聞に連載する際、フランスの歴史を調べていて気がついたことである。

この流れは欧米列強による植民地支配が進むにつれて、全世界的な歴史の法則になっていく。実質的な20世紀の始まりは、1914年の第一次世界大戦勃発からだ。それでは、21世紀はどのように訪れるのか?

85年にはゴルバチョフがソ連共産党書記長に就任して政治・経済の大改革に乗り出し、同じ年、自由主義陣営では「プラザ合意」が成立してその後の世界経済のあり方を大きく変えた。フランスの極右政党・国民戦線が躍進したのは翌86年の国民議会選挙である。中国が改革開放路線で猛烈な経済成長を始めるのもこの頃だ。

予兆は出揃った。すると2015年頃に何かが起きて、20世紀とは隔絶した21世紀という新しい時代がやってくるだろう。私はそう考えたのだ。

歴史のなかに法則を見出し、未来を予測するために必要なのは、大ざっぱに言えば「教養の力」である。読むべき本を列挙してみると、最初に来るのは世界史と日本史の教科書だろう。高校の標準的な歴史教科書である山川出版社の教科書を用意しよう。

といっても、教科書の歴史解釈をそのまま信じ込んではダメである。教科書の記述では、たしかにわかりやすい因果が示されている。ただ、詳しく調べると「そんなに単純なものではない」こともわかってくるのだ。

■ヒスパニック系は本当は誰に投票したか?

たとえばフランス革命は、教科書による整理では、アンシャン・レジーム(旧体制)における特権階級だった聖職者や貴族階級を、新興のブルジョワ階級が打倒したことになっている。しかし、現実にブルジョワ階級が打倒したのは、代々の貴族階級というよりも、多くは買官制によって成り上がった元ブルジョワなのだ。

そういう事実を知ると、次のような普遍的な構造を連想することができるだろう。つまり、今回のアメリカ大統領選挙でトランプ候補は、メキシコなどからの移民の制限を公約として打ち出した。教科書的な理解では、移民排斥を唱える候補に対して、アメリカ国内のヒスパニック系などの移民社会は拒絶反応を示すはずである。

しかし、そうした移民の人々は、すでにアメリカに定住し、社会のなかでおそらくは低賃金の仕事を得ているのである。となると、新規にやってくるかもしれない移民は、自分たちの職や立場を脅かす競争相手になりかねない。

フランス革命前にブルジョワ階級の前に立ちはだかったのは、貴族階級に成り上がった元ブルジョワである。つまりオールド・カマー(前に来た者)はニュー・カマー(後から来る者)に対して脅威を感じ、反発心を持つのが一般的な特徴なのだ。

ということは、アメリカの移民社会のかなりの人たちが、移民に寛容なクリントン候補ではなくトランプ候補に投票したのではないかと推察できる。これで「トランプ当選」のかなりの部分が説明できるのだ。同じように大量の難民や移民が押し寄せているフランスでも、今後、移民社会のかなり多くの人々が国民戦線に投票するのではないかと予言することもできるだろう。

歴史教科書の簡略化された叙述を信じるだけでは、以上のような見通しを持つことは不可能といえる。つまり教科書から学ぶべきなのは、極端に言えば年表と人名などの事実だけなのだ。

■人類という動物の行動を知ることから

では、本当に「当たる」見通し、現実的な歴史観を身に付けるには、何から学んだらいいか。

すでに名著として知られる『銃・病原菌・鉄』や『文明崩壊』といったジャレド・ダイアモンド氏の著作は、地理的・生物学的要因がいかに歴史を左右するかを証明している。歴史人口学者・家族人類学者のエマニュエル・トッド氏は、国家や民族の消長を家族制度の分類によって鮮やかに解説する。トッド氏の最近の著作『家族システムの起源』はその集大成だ。彼らの本を読むことで、人類という動物はどのような原則に導かれて行動し、歴史をつくっていくのかがわかるようになる。

最近の本ではチャールズ・C・マン著『1493――世界を変えた大陸間の「交換」』も、グローバル化の本質を考えさせられて秀逸だ。ロジェ・マルタン・デュ・ガールの『チボー家の人々』をはじめとする大河小説にも、歴史を貫く原則が描きこまれている。

映画ではカンヌ映画祭のグランプリ受賞作に注目したい。イラン、トルコなど新興国の作品が受賞するときは、決まってその国の社会がテークオフする時期である。トッド氏の学説によれば、社会が成熟化するに従い高等教育への進学率が上がり、その波が女子に及ぶと社会の出生率が低下する。そこからある程度の未来が見えてくる。

さて、教養を深めるうえで邪魔になることにも言及しておこう。本来、映画だろうとミステリ小説だろうと、雑多な情報を入手することは教養を深め、歴史観を持つうえで歓迎すべきことである。鍵は、できるだけ雑多な情報に触れることである。

だとすると、内輪の飲み会ばかりを開いていても発展はない。もっと知らない人、異業種の人と話すべきである。移動中に読書ができないという意味で、クルマの運転にも益がない。最近は駅から遠い住宅地から都心への人口回帰が起きているようだが、徒歩25分の家から駅まで歩くのも、目から雑多な情報を仕入れられるので悪いものではない。また運動にもなる。「駅近」物件にこだわらなくてもいいではないか。

そして、トランプ氏のことを少し。歴史の道筋を読むには、自分の身の回りで起きている小さな変化を、書物などで得た歴史観に沿って、できるだけ単純化して解釈するのがセオリーだ。しかし、単純化するときに、「短絡化」して考えてはいけない。トランプ氏の公約は短絡の最たるものだ。これはやはり、教養人としてはいただけない態度である。

▼「教養を高める」ためのアドバイス

----------

▼今年「読むべき本」リスト6

1. 世界史と日本史の教科書
2. 『銃・病原菌・鉄』
3. 『家族システムの起源』
4. 『1493』
5. 『チボー家の人々』
6. カンヌ映画祭受賞作(映画)

教科書から離れ独自の歴史観を得るにはこれらの書物を読むべし
 

----------

----------

▼今年「やめるべきこと」リスト5

1. 教科書の記述を信じ込まない
2. 内輪の飲み会を控える
3. 「駅近」にこだわらない
4. クルマの運転を控える
5. 短絡化して考えない

いつも身近なメンバーと飲むのではなく新しい人と出会おう
 

----------

(面澤淳市=構成 永井 浩=撮影 AFLO=写真)