画像

写真拡大 (全2枚)

 毎日新聞社は、3月1日、チャットボットによるニュース配信サービス「毎日新聞ニュースメッセンジャー」をFacebookメッセンジャーにて正式リリースした。

 「毎日新聞ニュースメッセンジャー」は、チャットボットを開発するZEALSと、パーソナライゼーションソフトウエアを提供するシーセンスと毎日新聞社の3社で共同開発したサービス。

 ZEALSが提供する「BOT TREE」をベースに、シーセンスのサービスで収集したニュースサイト来訪者の閲覧履歴情報を活用して、Facebookメッセンジャーの利用者にパーソナライズされた毎日新聞のニュースを配信する。

 サービスを利用したい場合は、Facebookメッセンジャー登録ページにアクセスし、対話形式の簡単な質問に答えるだけ。最新ニュースや記事ランキング、ホットワード(注目のニュースキーワード)などからニュースを読むことができる。また使えば使うほど、利用者の読みたいと思うニュースが届けられるようになる。

 ニュースの通知は午前7時と午後7時の1日2回。届いたニュースは「あとで読む」に保存したり、Facebook上の友人と共有したりすることもできる。

MarkeZine編集部[著]