アメリカの小売店は在庫として抱えている『iPhone SE』をAppleに返送し始めた、とウェブサイト『Mac Rumors』が伝えています。

iPhone SEの在庫整理を開始か

在庫を返送し始めた、とされているのはアメリカで小売店を展開するTargetです。

Appleに返送しているのはSIMフリー版で16GBと64GBのiPhone SE。色はスペースグレイ・シルバー・ゴールド・ローズゴールドの全色で、さらにアメリカの携帯電話会社Sprint版のiPhone SEも含まれている、とされています。

さらに昨年9月に行われた『iPhone 7』発表イベント以降、TargetはiPhone SEの新たな出荷分を受け取っていない、とも報じられています。

Appleが出荷を抑えていたのか、それともTargetが売上鈍化を見込んで注文を控えていたのかは不明です。

3月発表の新iPhone SEに向けた準備?

Appleは、3月中に新色iPhone 7や10.5インチiPadなどを発表すると噂されています。その中には128GBモデルのiPhone SEの噂も。
新色iPhone 7・新iPad発表会は3月◯日に開催か

現在、iPhone SEの容量ラインアップは16GBと64GBのみです。

しかし128GBモデルが登場するだけであれば、16GBと64GBモデルのiPhone SEを返送する理由は見当たりません。

Mac Rumorsは、AppleがiPhone SEの16GBと64GBモデルの販売をやめ、32GBと128GBモデルを新たに投入する可能性を指摘しています。

プロセッサなどをアップグレードした、第二世代のiPhone SEが登場する可能性は現時点では低いと考えられています。

日米のApple Storeに異変なし

日本のAppleのオンラインストアを確認したところ、全色・全容量とも翌日には届く状態でした。

アメリカのAppleのオンラインストアでも、SIMフリー版・各キャリア版ともに全色・全容量ともに在庫ありの状態です(執筆時点)。

参考

Buy iPhone SE - AppleiPhone SEを購入 - Apple(日本)Target Returns iPhone SE Stock Ahead of Apple’s Rumored March Event - Mac Rumors