『ゴースト・イン・ザ・シェル』来日キャスト。上から時計回りにスカーレット・ヨハンソン、ジュリエット・ビノシュ、ピルー・アスベック (C) MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

写真拡大

士郎正宗原作の「攻殻機動隊」をスカーレット・ヨハンソン主演でハリウッドが実写映画化する『ゴースト・イン・ザ・シェル』。この映画が日本で世界最速上映されることになり、そのワールドプレミアイベントに合わせ、主演のヨハンソンらが来日することがわかった。

[動画]S・ヨハンソンとビートたけしが共演/映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』予告編

本作は、かねてより「私のお気に入りの作品」だと公言するスティーブン・スピルバーグが2009年に実写映画化権を獲得。ハリウッドで実写映画化決定のニュースは世界中を駆け巡り、その動向は世界中から脚光を浴びていた。

さらに、2016年11月には、東京発の全世界へ向けた特大規模のローンチイベントが行われ、ヨハンソンらが緊急来日。荒巻役を演じるビートたけしも登壇し、公の場で初めて作品について語られる様子は全世界で注目を集めた。

そうした中、今回、少佐役を演じるヨハンソンをはじめ、少佐がもっとも信頼を寄せるバトー役を演じるピルー・アスベック、映画オリジナルキャラクターであるオウレイ博士役を演じるジュリエット・ビノシュ、ルパート・サンダース監督が来日! 3月16日に新宿で行われるワールドプレミアに登場する。

ヨハンソンは昨年のイベント以来、サンダース監督とともに約4ヶ月ぶりの来日。アスベックは初来日。ビノシュは出演映画では2009年に公開された『夏時間の庭』以来、8年ぶりの来日となる。ワールドプレミアでは、“和”と作品の世界観を表現した“近未来”“デジタル”“サイバーシティ”のコラボレーションが華やかに会場を彩る予定。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』は4月7日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開となる。