ヤマトロジスティクスは1日、医療機関向けの「カルテ保管サービス」を4月1日から開始すると発表した。

 同サービスは、主に中小規模の医療機関や廃院を予定する医療機関が所有するカルテ原本の保管について、最大10年までの一括保管契約が可能なサービス。保管対象物は、紙の診療録とエックス線写真のみで電子データは対象外となる。高度なセキュリティの下、保管に使用するダンボールを箱単位で管理し、必要に応じて箱単位でカルテの現物を取り寄せられる。また、緊急でカルテが必要な場合は、対象のカルテをデータ化して送付することも可能。保管期限が過ぎた後は、未開封のまま溶解処理工場で確実に処分して溶解完了証明書を発行する。

 同サービスは、現在ヤマト運輸のグループで展開している「機密文書リサイクルサービス」の新サービスとして行われ、事業開始当初は東京エリアで展開し、順次エリアを拡大していく。