それぞれの場所で活躍中!(写真は左から2016年、2015年、2014年撮影のもの)

写真拡大

 テレビドラマ「花ざかりの君たちへ イケメン♂パラダイス」(2007)に主演した堀北真希が1日、2月末で芸能界を引退したことを発表した。ドラマの放送から約10年が経過し、堀北は俳優の山本耕史との間に第1子をもうけて引退という道を選んだが、堀北以外の出演者たちもそれぞれの場所で活躍の幅を広げている。

 「花とゆめ」(白泉社)で1996年から2004年まで連載された少女コミックを原作にした本ドラマで、堀北は女性であることを隠して日本中のイケメンが集まる全寮制男子校に編入する主人公・芦屋瑞稀を演じていた。そしてその夢のような男子校・桜咲学園に通う高校生たちにふんしていたメンバーが、今では考えられないほど豪華だった。

 まず、瑞稀(堀北)が男子生徒になりすますきっかけとなるクラスメート佐野泉役を担当したのが小栗旬。「花より男子」の花沢類役でブレークし、「イケ♂パラ」でも着実に知名度を上げた小栗は昨年公開された主演映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』『ミュージアム』がどちらもスマッシュヒットを記録し、今年は岡田准一と共演した映画『追憶』が公開を控えているほか、大人気マンガを実写映画化した『銀魂』も大注目されている。

 そして佐野(小栗)の親友・中津秀一は、いまやジャニーズ事務所を代表する俳優の一人である生田斗真が演じていた。昨年は『秘密 THE TOP SECRET』『土竜の唄 香港狂騒曲』といった映画に主演した生田は今年に入ってからもその勢いは止まらず、公開中の『彼らが本気で編むときは、』ではトランスジェンダーの主人公という難しい役どころに挑戦している。また、今秋には広瀬すずと初共演した映画『先生!』が公開される。

 同ドラマには学校一のプレイボーイ・難波南として水嶋ヒロも出演していた。ワイルド系イケメン役を見事にこなしていた水嶋は2009年にシンガー・ソングライターの絢香と結婚しており、2015年には第1子が誕生。昨年、株式会社 3rd i connections を設立し、同年9月に旅行会社「マゼランリゾーツ&トラスト」のブランディングディレクターに就任するなど、マルチに活動している。自身の公式Instagramで子育ての様子を頻繁に紹介しており、“イケメンイクメン”としても知られている。

 ほかにも山本裕典木村了など今なお第一線で活躍するイケメンたちが集結していたドラマの主題歌は大塚愛の「PEACH」で、オープニング曲には ORANGE RANGE の「イケナイ太陽」が使用されていた。2011年には前田敦子主演で「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス2011」が放送され、主題歌はAKB48の「フライングゲット」だった。(五十嵐洋介)