28日、中国中央テレビが、上海市で住宅購入のために多くの市民が連夜行列をつくったと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年2月28日、中国中央テレビが、上海市で住宅購入のために多くの市民が連夜行列をつくったと伝えた。

上海市嘉定区にある「上海派」という名称のマンションが販売されることになり、認籌金(予約金のようなもの)は2月23日から受付開始した。するとわずか2日間で1000人近くが認籌金を支払ったが、物件は797軒しかないため、多くの購入希望者がマンションを購入できなくなることを恐れて行列を作り始めたという。

マンション購入希望者と不動産業者は、販売開始の2日前から並び始め、販売センターは人であふれた。付近の道路も両側とも自動車でいっぱいとなり、一時的に渋滞も発生したという。インタビューに答えた不動産業者によれば、不動産業者とマンション購入希望の顧客が交代で列に並び、食事やトイレなどを済ますのだという。

このニュースに対し、中国のネットユーザーからは、「バブル経済の前兆だな」「金持ちっていっぱいいるんだな」などのコメントが寄せられた。一方で、「これって鉄道の駅の行列を写した写真じゃないのか?」、「どうせ雇ったサクラに決まっている」など、信ぴょう性を疑うネットユーザーも少なくなかった。

他には「上海って不動産は高いのか?なんだか安そうに見える」「不動産価格は上がるも下がるも国の手の内にある」などの意見もあった。(翻訳・編集/山中)